2013年04月07日

2013年4月美術展鑑賞予定

2013年3月に鑑賞した美術展は以下の通り。
リヒテンシュタイン展@京都市美術館
知られざるミュシャ展@美術館「えき」KYOTO
円山応挙展@愛知県美術館

どれも実に自分好みの美術展で楽しかった。
特に「リヒテンシュタイン展」の素晴らしさは最高です。
やはり中欧の小国には心惹かれてしまいますねえ。
いつかは訪れてみたいもの。
「知られざるミュシャ展」も非常に楽しめました。
現代のファンタジィ絵師への影響が垣間見えて興味深かったです。
ミュシャの描く女性の美しさはたまらないよね。
ジャンヌ・ダルクを描いた作品も面白かったです。
「円山応挙展」は見逃せずに行けて何より。
この時代の日本画はもう少し勉強したいと思います。
動物を描いた作品がとりわけ印象に残りました。
幽霊画がなかったのは残念だったけどね。

現在開催中の興味ある美術展は以下の通り。
【東海】
ドラマチック大陸 風景画でたどるアメリカ@名古屋ボストン美術館(〜05.06)
上村松園展@名古屋市美術館(04.20〜06.02)
中国 王朝の至宝@名古屋市博物館(04.24〜06.23)
プーシキン美術館展 フランス絵画300年@愛知県美術館(04.26〜06.23)
【近畿】
狩野山楽・山雪@京都国立博物館(〜05.12)
當麻寺−極楽浄土への憧れ−@奈良国立博物館(04.02〜06.02)
幽霊・妖怪画大全集@大阪歴史博物館(04.20〜06.09)
ボストン美術館 日本美術の至宝@大阪市立美術館(04.02〜06.16)
森と湖の国 フィンランド・デザイン@大阪市立東洋陶磁美術館(04.20〜07.28)

東海も近畿も行きたい美術館の数が揃っていて嬉しい。
最優先は「中国 王朝の至宝」かなあ。
「プーシキン美術館展」も楽しみだけどね。
このあたりはなるべく4月中に行ってしまいたいところ。
「上村松園展」は日本を代表する美人画の系譜を学ぶ意味で。
特に近代以降の日本美術は弱いので意識的に鑑賞したいと思います。
大阪の「幽霊・妖怪画大全集」は趣味的に見逃せません。
会期が長いので大阪へのライヴ遠征時に鑑賞出来ればいいかなあ。
関東でも素敵な美術展多いのだけど手元不如意が深刻なのが残念。
夏までには一度行きたいなあと思っているのだけれどもね。
その分,近場の美術展は見逃さないようにしたいと思います。
posted by 森山 樹 at 11:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 鑑賞予定