2013年05月05日

2013年5月美術展鑑賞予定

現在開催中の興味ある美術展は以下の通り。
【関東】
ラファエロ@国立西洋美術館(〜06.02)
国宝 大神社展@東京国立博物館(〜06.02)
グレートジャーニー 人類の旅@国立科学博物館(〜06.09)
河鍋暁斎の能・狂言画@三井記念美術館(〜06.16)
空想の建築@町田市立国際版画美術館(〜06.16)
オディロン・ルドン 夢の起源@損保ジャパン東郷青児美術館(〜06.23)
北斎と暁斎 奇想の漫画@太田記念美術館(〜06.26)
レオナルド・ダ・ヴィンチ 天才の肖像@東京都美術館(〜06.30)
魔性の女 挿絵展@弥生美術館(〜06.30)
貴婦人と一角獣展@国立新美術館(〜07.15)
【東海】
ポール・デルヴォー展 夢をめぐる旅@岡崎市美術博物館(〜05.26)
【近畿】
當麻寺−極楽浄土への憧れ−@奈良国立博物館(〜06.02)
幽霊・妖怪画大全集@大阪歴史博物館(〜06.09)
ボストン美術館 日本美術の至宝@大阪市立美術館(〜06.16)
森と湖の国 フィンランド・デザイン@大阪市立東洋陶磁美術館(〜07.28)

東海地区の美術展は4月にあらかた行ってしまいました。
「ポール・デルヴォー展」はかなり好みだけど場所が不便なのよね。
最寄駅からバスを利用しないといけないと一気に行く気が失せます。
行くと絶対楽しい筈なのでどうしたものか検討しています。
近畿方面はライヴ遠征の際に立ち寄るつもり。
特に「幽霊・妖怪画大全集」は大変に楽しみであります。
しかし,やはり東京周辺での美術展の充実が羨まし過ぎます。
多少の無理はしてでもやはり6月中には遠征しておきたいもの。
「ラファエロ展」は巡回がないのですよねえ。
6月2日までに行くのは流石に厳しいのですけれども。
「貴婦人と一角獣展」もたまらなく好みの筈。
河鍋暁斎にまつわる幾つかの美術展にも心惹かれます。
時間と体力と財布が許す限り,美術展鑑賞に勤しみたいと思います。
先ずは東海と近畿の美術展を見逃さないことが先決ですけれどね。
posted by 森山 樹 at 08:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 鑑賞予定