2013年09月02日

2013年9月美術展鑑賞予定

現在開催中の興味ある美術展は以下の通り。
【関東】
トスカーナと近代絵画@損保ジャパン東郷青児美術館(09.07-11.10)
ミケランジェロ展@国立西洋美術館(09.06-11.17)
明治のこころ@江戸東京博物館(09.14-12.08)
マルコ・ポーロとシルクロード世界遺産の旅@東洋文庫ミュージアム(08.07-12.26)
モローとルオー@パナソニック汐留ミュージアム(09.07-12.10)
ウィリアム・モリス@府中市美術館(09.14-12.01)
興福寺仏頭展@東京藝術大学美術館(09.03-11.24)
【東海】
夏の思い出 森の夢 不思議ないきものたち@ヤマザキマザック美術館(07.19-09.29)
世界を変えた書物展@名古屋市科学館(09.13-09.29)
エミール・クラウスとベルギーの印象派@碧南市藤井達吉現代美術館(09.14-10.20)
【近畿】
貴婦人と一角獣展@国立国際美術館(07.27-10.20)
北魏 石造仏教彫刻の展開@大阪市立美術館(09.07-10.20)
ヴィクトリア時代の室内装飾@LIXILギャラリー大阪(08.25-11.19)
京都・美のタイムカプセル@京都文化博物館(09.12-12.01)
仏の美術@泉屋博古館(09.07-12.20)
海@京都大学総合博物館(07.31-12.01)

秋の美術展直前の端境期ということなのか,やや低調な感じは否めず。
東京の「ミケランジェロ展」や「トスカーナと近代絵画」は楽しみだけどね。
流石に二か月連続で東京に行く余力はありません。
会期の余裕があるので10月に遠征出来ればなあと思っています。
東海と近畿もいまいち微妙かなあ。
「世界を変えた書物展」なんて如何にも楽しみだけどね。
会期が短めなので忘れないようにしたいと思います。
近畿ではやはり「貴婦人と一角獣展」に尽きます。
何とか今月中には鑑賞したいものですが,どうなることかなあ。
「ヴィクトリア時代の室内装飾」も趣味的にたまらないところではあります。
幾つかでも美術展を訪れたいなあと思います。
徐々に感想も書いていかないとですけれどね。
posted by 森山 樹 at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 鑑賞予定