2013年09月23日

「プーシキン美術館展 フランス絵画300年」感想

〈2013年美術展感想7展目〉
プーシキン美術館展 フランス絵画300年
会場:愛知県美術館
会期:2013.04.26-06.23
観覧料:¥1,300
図録:未購入

 モスクワにあるプーシキン美術館が誇るフランス絵画の所蔵品を紹介する美術展です。今回の展示はその名の通りに17世紀から20世紀前半までのフランス絵画300年の歴史を約70点の展示から追うというもの。このように年代別に展示されると自分の嗜好がはっきりと分かります。17世紀の古典主義やロココから18世紀の新古典主義やロマン主義は大好きなのですが,19世紀に入ると印象派や自然主義はともかくポスト印象派からは関心が薄れ,20世紀美術ではシュルレアリスム以外には殆ど興味がなくなってしまいます。今回の美術展でも19世紀後半以降の作品はあまり心惹かれませんでした。マリー・ローランサンとかマルク・シャガールは別ですけれどね。やはり心を奪われるのは17〜18世紀にかけての作品ばかり。特にフランソワ・ブーシェ≪ユピテルとカリスト≫やジャック=ルイ・ダヴィッド≪ヘクトルの死を嘆くアンドロマケ≫などギリシア神話を題材とした作品は強く印象に残ります。また,ユベール・ロベールの≪ピラミッドと神殿≫も大好き。今回が日本初公開となるピエール=オーギュスト・ルノワールの≪ジャンヌ・サマリーの肖像≫が見せる幸福感溢れる表情にも魅せられます。薔薇色の頬で微笑むジャンヌ・サマリーの華やいだ雰囲気がたまらないです。他にもドラクロワやコロー,ミレーの作品も素敵でした。これがセザンヌやゴッホ,マティスになってくると良さが分からなくなってくるのが不思議。単に自分に美術の素養に欠けている為に理解が出来ないだけでありましょう。好き嫌いだけでしか美術を語れない身が恨めしく思えます。何はともあれ,実に見応えのある美術展でありました。フランス絵画を歴史から追うという試みも面白かったです。プーシキン美術館は約70万点の所蔵品を抱えるとのこと。いつか実際に足を運んでみたい美術館です。こうして行きたい美術館だけが増えて行くのですよね。
posted by 森山 樹 at 10:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術展感想