2013年11月05日

2013年11月美術展鑑賞予定

現在開催中の興味ある美術展は以下の通り。
【関東】
トスカーナと近代絵画@損保ジャパン東郷青児美術館(09.07-11.10)
ミケランジェロ展@国立西洋美術館(09.06-11.17)
バルビゾンへの道@Bunkamuraザ・ミュージアム(10.20-11.18)
泉鏡花展@神奈川近代文学館(10.05-11.24)
上海博物館 中国絵画の至宝@東京国立博物館(10.01-11.24)
笑う浮世絵@太田記念美術館(10.01-11.26)
京都 洛中洛外図と障壁画の美@東京国立博物館(10.08-12.01)
ターナー展@東京都美術館(10.08-12.18)
カイユボット展@ブリヂストン美術館(10.10-12.29)
近代への眼差し 印象派と世紀末美術@三菱一号館美術館(10.05-.01.05)
遣唐使は見た!@横浜ユーラシア文化館(11.01-01.13)
【東海】
観世宗家展@名古屋松坂屋美術館(10.19-11.24)
日本画を彩った巨匠たち@名古屋ボストン美術館(10.19-12.01)
夢幻能@徳川美術館(11.09-12.13)
【近畿】
京都・美のタイムカプセル@京都文化博物館(09.12-12.01)
海@京都大学総合博物館(07.31-12.01)
円山応挙展@承天閣美術館(10.11-12.15)
ミュシャが見たパリ@アルフォンス・ミュシャ館(11.16-03.09)

関東地区に挙げた美術展は既に鑑賞済み。
3日間でこれだけ回ると流石に充実感があります。
疲労もそれだけ重ねていますけれどね。
それでもなお見逃した美術展があるのは残念。
全部を鑑賞出来るわけではないので仕方ないです。
東海と近畿は相変わらず低調な感じが否めません。
なかなか自分好みの美術展というのも少ないですね。
名古屋の能に関するふたつの美術展はちょっと興味があります。
まあ,能という芸能分野そのものへの造詣はまるでないのですけれども。
京都の円山応挙展は春先に名古屋で開催されたものとは別かな。
可能ならば鑑賞してみたいと思っています。
posted by 森山 樹 at 06:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 鑑賞予定