2013年12月01日

2013年11月美術展鑑賞記録

2013年11月に鑑賞した美術展・博物展は以下の通り。
カイユボット展@ブリヂストン美術館
印象派と世紀末美術展@三菱一号館美術館
トスカーナと近代絵画@損保ジャパン東郷青児美術館
ミケランジェロ展@国立西洋美術館
京都 洛中洛外図@東京国立博物館
上海博物館 中国絵画の至宝@東京国立博物館
笑う浮世絵@太田記念美術館
バルビゾンへの道@東急Bunkamura
ターナー展@東京都美術館
遣唐使は見た!@横浜ユーラシア文化館
泉鏡花展@神奈川近代文学館
夢幻能@徳川美術館
観世宗家展@名古屋松坂屋美術館

芸術の秋に相応しく充実した一か月でありました。
東京遠征をすると趣味活動が捗りますね。
勿論,その分経済的には厳しくなるのですが。
一番印象的だったのは「印象派と世紀末美術展」かなあ。
「ミケランジェロ展」と「ターナー展」も実に素晴らしいものでありました。
「バルビゾンへの道」も期待以上だったなあ。
「京都 洛中洛外図」は観客の多さに閉口しました。
また,能に関する美術展をふたつ鑑賞したのも特徴的。
能を始めとする日本の芸能に明るくないのが残念です。
このあたりは今後の課題のひとつでありましょう。
各美術展の感想は近いうちに必ず書きたいと思います。

10月に引き続いてそれなりの数の美術展感想を書けたのは収穫。
何かと忙しい月ではありますが,今月も頑張りたいものです。
2014年は即時更新を行いたいと思っています。
そこに繋がるような一か月になればなあと思っています。
posted by 森山 樹 at 09:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術展鑑賞記録