2013年12月02日

2013年12月美術展鑑賞予定

現在開催中の興味ある美術展は以下の通り。
【関東】
天上の舞,飛天の美@サントリー美術館(11.23-01.13)
モネ,風景を見る眼@国立西洋美術館(12.07-03.09)
【中部・東海】
美女! 悪女! 烈女!@中山道広重美術館(12.12-01.19)
モローとルオー 聖なるものの継承と変容@松本市美術館(12.20-03.23)
ボストン美術館 浮世絵名品展 北斎@名古屋ボストン美術館(12.21-03.23)
【近畿】
円山応挙展@承天閣美術館(10.11-12.15)
夏目友人帳原画展 緑川ゆきの世界@大丸心斎橋店(11.27-12.16)
文学と美術の出会い@大和文華館(11.22-12.26)
クヴィエタ・パツォウスカーとチェコの絵本展@美術館「えきKYOTO」(12.06-12.27)
ミュシャが見たパリ@アルフォンス・ミュシャ館(11.16-03.09)

年末ということもあるのか,いまいち低調な一か月。
関東方面のは11月にあらかた鑑賞してしまいましたしね。
来年も何度かは遠征を企てたいものであります。
優先順位が高いのは「夏目友人帳原画展」かなあ。
大阪遠征を厭わないつもりでおります。
後はちょっと微妙な感じ。
松本市美術館の「モローとルオー」は年明けに旅行がてら行くつもり。
たまっている美術展感想を書くことに専念する一か月になるかもしれません。
それはそれでやらなければならないのだけれども。
posted by 森山 樹 at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 鑑賞予定