2013年12月08日

大阪市立美術館「北魏 石造仏教彫刻の展開」

〈2013年美術展感想23展目〉
北魏 石造仏教彫刻の展開
会場:大阪市立美術館
会期:2013.09.07-10.20
観覧料:¥1,300
図録:未購入

 中国南北朝時代の北魏で花開いた石造仏教彫刻を題材とした美術展です。意外に中国の仏教美術についての美術展というのは珍しい気がします。紛いなりにも中国史を学んだ身としては北魏と言えばやはり石窟寺院の印象が強い国家であります。漢民族ではなく鮮卑族の拓跋氏により建国された国であるが故に例えば唐代の仏教美術とはまた異なった印象があるのが面白い。洗練された美しさという点においては唐代の仏教美術には劣りますが,素朴さ故の真摯な仏教信仰は北魏の仏教美術の方が勝っている気がします。また,ガンダーラやグプタといったインド仏教美術の影響が特に衣服の面において見受けられるのも興味深いところ。必ずしも地域性といったもではないように思われますが,このあたりはどうなんだろうなあ。文成帝による仏教保護政策によるものなのかもしれません。孝文帝まで行ってしまうと逆に漢化政策が推進された筈だしなあ。また,石窟寺院における仏教美術の特徴でもある伽藍形式が如実に見られるのも楽しいもの。この伽藍に彫られた細工を見るのもこの時代の仏教美術を鑑賞する楽しみのひとつと言えましょう。尤も,やはり仏教美術への造詣はまだまだ浅いものを痛感さぜるを得ません。今後も機会があれば仏教美術を題材とした美術展に積極的に訪れたいもの。少しずつ知識と見識を高めたいと思います。石造彫刻が主体ということもあり,大型の展示が多く迫力に満ちた見応えのある美術展でありました。
posted by 森山 樹 at 14:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術展感想