2014年01月16日

2013年のベスト

2013年に観賞した美術展の中で特に印象に残った展覧会を5展選んでみました。
なお,序列は付ける気はありません。

・貴婦人と一角獣展@国立国際美術館
〈貴婦人と一角獣〉と題された6枚のタピスリーを実際に観賞出来ただけで大満足。
このタピスリーの為だけの美術展でありましたが,それだけで十分であります。
まさか日本国内でこの美術作品を観賞できるとは思いもよりませんでした。
実物の発する迫力に圧倒されてしまいます。
いつかまたもう一度観賞したい作品であります。

・世界を変えた書物展@名古屋市科学館
歴史に名を残す名著の実物を観賞できる素敵な美術展でありました。
〈種の起源〉や〈天体の回転について〉,〈プリンキピア〉など目白押し。
また,あのチャレンジャー爆発事故の報告書の展示も印象的でありました。
こんなに素敵な展示が実質無料で見られたのが嬉しいです。

・ポール・デルヴォー展@浜松市美術館
ベルギーの画家ポール・デルヴォーの作品を集めた美術展。
その夢と幻想の世界に魅了されてしまいます。
無表情の女性や遺跡,電車,骸骨,ランプといったモチーフがたまりません。
静寂の中に広がる幻想的な雰囲気がたまらなく好みであります。

・リヒテンシュタイン展@京都市美術館
リヒテンシュタイン侯爵家が収蔵する幾多の美術作品を展示する美術展。
ルーベンスやラファエロといった大画家たちの作品が惜しげもなく展示されていました。
また,夏の離宮を再現したバロック・サロンの雰囲気もまさに豪華絢爛。
ヨーロッパの絵画史を個人コレクションで辿れるというのは圧巻でありますね。

・ミケランジェロ展@国立西洋美術館
ルネサンスの頂点の極めたミケランジェロの事績を追う美術展です。
特に初期の傑作とされる〈階段の聖母〉の実物を観賞出来たのは実に大きい。
いつか,システィーナ礼拝堂で〈最後の審判〉を観賞したいものであります。
その圧倒的な素晴らしさはまるで想像が出来ません。
posted by 森山 樹 at 06:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑文