2014年02月23日

国立国際美術館「アンドレアス・グルスキー展」

〈2014年美術展感想2展目〉
アンドレアス・グルスキー展
会場:国立国際美術館
会期:2014.02.01-05.11
観覧料:¥1,500

 大阪の国立国際美術館で開催中の「アンドレアス・グルスキー展」を鑑賞してきました。アンドレアス・グルスキーは現代ドイツを代表する写真家であります。実は写真を扱った美術展を観賞するのは今回が初めてとなります。自分でも写真は撮るのですが,芸術としての写真は興味の範疇外だったのです。今回の「アンドレアス・グルスキー展」も然程関心はなかったのですが,友人からの強い勧めを受けて観賞してきました。今回の美術展に出展されているのは約50点。アンドレアス・グルスキー本人によって厳選された作品ということで,現在に至る彼の軌跡を辿るには最適の美術展と言えるでしょう。但し,やはり芸術としての写真の観賞の仕方が分からないというのは致命的。漫然と観賞していても興味深く,面白くはあったのですが,本質的な理解にはまるで至っていないことでありましょう。何というか,概念性の高い作品が多かったように思います。〈バンコク〉と題された作品などはその代表的な例と言えるでしょう。抽象絵画にも思える写真は素直に魅力的でありました。尤も,これがチャオプラヤ川の汚染の産物ということには複雑な思いを抱かざるを得ないのですけれども。また,スーパーカミオカンデ内部を撮影した〈カミオカンデ〉の無機的な美はたまらなく素敵。アンドレアス・グルスキーの写真には群衆を撮ったものが多くありますが,特に〈フランクフルト〉は楽しかった。〈パリ,モンパルナス〉の幾何学模様の中の多彩な色彩の美しさは格別。アパートの窓とカーテンの模様が生み出した或る意味で偶然の産物であることが奇跡に思えます。理解できたかどうかは別にして楽しめた美術展ではありました。但し,やはり芸術としての写真は全く分かりません。機会があれば,現代芸術のひとつの分野として見識を高めたいと思います。問題は現代芸術そのものにあまり興味がないってことかなあ。普通に面白い美術展であることに間違いはありません。
posted by 森山 樹 at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術展感想

2014年02月02日

2014年2月美術展観賞予定

現在開催中の興味ある美術展は以下の通り。
【関東】
クリーブランド美術館展 名画でたどる日本の美@東京国立博物館(01.15-02.23)
大浮世絵展@江戸東京博物館(01.02-03.02) ※名古屋巡回
kawaii日本美術@山種美術館(01.03-03.02)
十二ヶ月図の世界@講談社野間記念館(01.11-03.02)
モネ,風景を見る眼@国立西洋美術館(12.07-03.09)
シャヴァンヌ展@Bunkamuraザ・ミュージアム(01.02-03.09)
星を賣る店 クラフト・エヴィング商會のおかしな展覧会@世田谷文学館(01.25-03.30)
ルノワール礼賛@ポーラ美術館(12.01-04.06)
ラファエル前派@森アーツセンターギャラリー(01.25-04.06)
画家の目,彫刻家の手@ブリヂストン美術館(01.18-04.13)
ザ・ビューティフル 英国の唯美主義1860-1900@三菱一号館美術館(01.30-05.06)
イメージの力@国立新美術館(02.19-06.09)
【中部・東海】
文字のチカラ@名古屋市博物館(01.04-02.16)
モローとルオー 聖なるものの継承と変容@松本市美術館(12.20-03.23)
シャガール展@静岡市美術館(01.02-03.30) ※名古屋巡回
20世紀フランス絵画展@パラミタミュージアム(02.08-03.31)
【近畿】
ミュシャが見たパリ@アルフォンス・ミュシャ館(11.16-03.09)
百人一首を彩る女流歌人たち@小倉百人一首殿堂時雨殿(01.05-03.30)

相変わらず,東京方面の美術展が充実しています。
何とか2月中には一度遠征を試みたいもの。
一方でそれ以外の地域は不作が続いています。
もう少し何とかならないものかなあ。
東海地方は半分諦め気味ですが,関西方面もいまいち感が強いです。
特に西洋画系の美術展は全くなさそうというのが残念。
来年度に期待するしかないのですかね。
posted by 森山 樹 at 15:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 鑑賞予定

2014年02月01日

2014年1月美術展観賞記録

2014年1月に鑑賞した美術展・博物展は以下の通り。
ボストン美術館 浮絵名品展 北斎@名古屋ボストン美術館

1月は名古屋ボストン美術館の「ボストン美術館 浮絵名品展 北斎」だけ。
但し,非常に満足度の高い美術展ではありました。
歴史や伝承に材を採った浮世絵作品はやはり好みですね。
葛飾北斎の生涯を俯瞰できるという意味においても楽しめました。
今後も積極的に浮世絵は観賞していきたいと思います。

2013年の積み残しの感想が滞っています。
何とか春先までには完了させたいものであります。
情報収集も怠りがちなので此方も意識を傾けようと思います。
posted by 森山 樹 at 14:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術展鑑賞記録