2014年05月04日

2014年5月美術展観賞予定

現在開催中の興味ある美術展は以下の通り。
【関東】
ジャック・カロ−リアリズムと奇想の劇場@国立西洋美術館(04.08-06.15)
のぞいてびっくり江戸絵画@サントリー美術館(03.29-05.11)
大江戸と洛中@江戸東京博物館(03.18-05.11)
栄西と建仁寺@東京国立博物館(03.25-05.18)
ミラノ ポルディ・ペッツォーリ美術館 華麗なる貴族コレクション@Bunkamura(04.04-05.25)
バルテュス展@東京都美術館(04.19-06.22)
オランダ・ハーグ派展@東郷青児損保ジャパン美術館(04.19-06.29)
【中部・東海】
ア・ターブル−ごはんだよ! 食をめぐる美の饗宴−@三重県立美術館(03.01-05.06)
大浮世絵展@名古屋市博物館(03.11-05.06)
モンゴメリと花子の赤毛のアン展@JR名古屋高島屋(05.01-05.12)
道教・仏教と人物の書画@澄懐堂美術館(03.02-06.08)
シャガール展@愛知県美術館(04.17-06.08)
ボストン美術館 ミレー展@名古屋ボストン美術館(04.19-08.31)
【近畿】
武家のみやこ 鎌倉の仏像@奈良国立博物館(04.05-06.01)
珠玉の洋画コレクション展@山王美術館(03.01-07.31)

「大浮世絵展」と「モンゴメリと花子の赤毛のアン展」は鑑賞済み。
今月はやや低調な美術鑑賞活動となりそうです。
関東にも関西にも遠征の予定は現段階では特段なし。
東京には行けたら行きたいところではありますけれども。
「シャガール展」と「ミレー展」はなるべく早めに鑑賞したいところ。
どちらも人気があるので人出は覚悟しないといけません。
一番いいのは平日に観賞することでしょうねえ。
情報収集は怠らないようにしようと思います。
特に夏季休暇の旅行は可能な限り美術展の開催に合わせたいところです。
興味の枠を広げるというも今後の課題のひとつかな。
やはり西洋画偏重ということは否めません。
posted by 森山 樹 at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 鑑賞予定