2014年07月17日

東京都美術館「世紀の日本画」

〈2014年美術展感想5展目〉
世紀の日本画
会場:東京都美術館
会期:2014.01.25-04.01
鑑賞料:¥1,400

 東京都美術館で開催された「世紀の日本画」展を鑑賞してきました。前期と後期の二期制の美術展でありますが,自分が鑑賞したのは後期部分。前期と後期で展示作品は総入れ替えなので鑑賞時期によって印象の変わる美術展かもしれません。元来が西洋美術偏重で日本美術には全く明るくない自分ですが,今回はたまたま東京に遠征した時に開催していた美術展ということで鑑賞してみました。岡倉天心により設立された日本美術院が横山大観によって再興されてから100年になることを記念した美術展とのこと。それはまさに近代日本画の歴史そのものでもあります。前期と後期で重要文化財6点を含む120作品が展示ということで見ごたえは十分。日本画は然程興味のない自分にも楽しめる美術展でありました。意外に人出が少なかったのも僥倖というべきでありましょう。特に横山大観の≪屈原≫や安田靫彦の≪項羽≫といった中国史に名高い人物を描いた作品には見入ってしまいます。また,日本神話を題材とした作品が幾つかあったのも嬉しかった。平山郁夫のシルクロード風景画もやはり好みであります。全部で7つの章に分かれた美術展でしたが,個人的には第6章「幻想の世界」が一番楽しく感じました。非日常の不思議に心惹かれる性向はいつまでたっても変わらぬもののようであります。日本画ということでやや隔意を抱いていたのですが,自分でも驚くくらいに楽しめた美術展でありました。自分の嗜好を広げる意味においても,今後積極的に日本画展に足を運ぶのも面白そうであります。
posted by 森山 樹 at 06:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 告知

2014年07月05日

2014年7月美術展観賞予定

現在開催中の興味ある美術展は以下の通り。
【関東】
徒然草@サントリー美術館(06.11-07.21)
デュフィ展@東急bunkamura(06.07-07.27)
鉄斎 TESSAI@出光美術館(06.14-08.03)
トルコ@東洋文庫ミュージアム(04.23-08.10)
台北 國立故宮博物院展@東京国立博物館(06.24-09.15)
メトロポリタン美術館 古代エジプト展@東京都美術館(07.19-09.23)
ヴァロットン展@三菱一号館美術館(06.14-09.23)
江戸妖怪大図鑑@太田記念美術館(07.01-09.25)
書と絵画の共演@センチュリーミュージアム(07.07-09.27)
再発見! 竹久夢二の世界@竹久夢二美術館(07.04-09.28)
日本SF展・SFの国@世田谷文学館(07.19-09.28)
太古の哺乳類展@国立科学博物館(07.12-10.05)
オルセー美術館展@国立新美術館(07.09-10.20)
【中部・東海】
法隆寺展@静岡市美術館(06.14-07.27)
パスキン@岐阜県美術館(07.08-08.24)
奇なるものへの挑戦@岐阜県博物館(07.04-08.31)
ポール・デルヴォーとベルギー近代絵画@ヤマザキマザック美術館(06.14-09.23)
【近畿】
華麗なる貴族コレクション@あべのハルカス美術館(05.31-07.21)
バルテュス展@京都市美術館(07.05-09.07)

東京での美術展がかなり充実。
遠征予定があるので効率的に鑑賞したいと思います。
とりあえず巡回展があるものは後回しかなあ。
それでもかなり混雑が予想されるので覚悟しないとね。
それだけ素晴らしい美術展ということでもありましょう。
岐阜の美術展と博物展もかなり楽しみ。
特に「奇なるものへの挑戦」は見逃したらいけない気がします。
何とか足を延ばしてみたいところ。
ドライブするにはちょうどいい距離ではありますね。
東海と関西の美術展は相変わらず低調だなあ。
「華麗なる貴族コレクション」だけでも早く行きたいところではあります。
意外に会期が迫っていて焦り気味です。
これを見逃すのは流石に辛いですからねえ。
posted by 森山 樹 at 07:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 鑑賞予定

2014年07月03日

2014年6月美術展観賞記録

2014年6月に鑑賞した美術展・博物展は以下の通り。
モンゴル恐竜展@名古屋市科学館
シャガール展@愛知県美術館
ミレー展@名古屋ボストン美術館

先月に引き続き名古屋の美術展・博物展ばかりでございます。
いい加減に東京や関西の美術展の遠征に行きたいもの。
特に大阪の美術展は会期が迫っているので少々焦っています。
遠くはないけれど,それ程近くもない微妙な距離なのですよね。
「ミレー展」と「シャガール展」という大規模な美術展に行けたことは素直に満足。
どちらも相応に人出はありましたが,割とゆっくりと鑑賞出来ました。
シャガールの美術展は何度も鑑賞してきましたが,ミレーは今回が初めてかな。
バルビゾン派はやはり自分の好みであるように思います。
「モンゴル恐竜展」は同じ展示を大阪や東京で見たような気が。
何度見ても素敵なものは素敵なのですけれども。
タルボサウルスの迫力には圧倒されてしまいます。
やはり恐竜という巨大生物の造形美には心惹かれて止みません。
posted by 森山 樹 at 06:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術展鑑賞記録