2014年09月14日

浜松市美術館「ジョルジョ・デ・キリコ展」

〈2014年美術展感想6展目〉
ジョルジョ・デ・キリコ展
会場:浜松市美術館
会期:2014.08.30-10.19
鑑賞料:¥1,200

 浜松市美術館の「ジョルジョ・デ・キリコ展」に行ってきました。浜松市美術館は昨年の「ポール・デルヴォー展」に続いて二回目。意外と自分好みの美術展をしてくれる印象があります。名古屋から1時間40分くらいで行けるのも好印象。十分に日帰りできる距離なのですよね。今後も好みの美術展の際には是非とも訪れたいと思います。

 今回の「ジョルジョ・デ・キリコ展」は日本では久しぶりとなる大規模な回顧展とのこと。勿論,自分も初めてであります。ジョルジョ・デ・キリコ自体はシュールレアリスム好きとしては以前から大好きな作品が多いので楽しみにしていました。展示数が概ね100点。そのうち,約8割が日本初公開というのが嬉しい。尤も,習作もかなりの数含まれていますので,精神的に疲労する程の量という印象ではありません。適度に腹八分目と言った感じですかね。物足りなさを覚えるくらいにちょうどいい具合に思えました。幾何学や形而上学を題材とした不思議な雰囲気の作品は魅力に溢れています。特にローマ時代の遺跡を背景とした一連の作品が実に楽しい。静物画も荒涼とした田園風景の中に描かれている為に趣が違って感じるのですよね。また,幾何学模様で形成されたマネキンが作品中に登場するのも特徴的。〈吟遊詩人〉は特にお気に入りであります。ローマ神話に材を取った作品が多かったのも嬉しいところ。〈ヒッポカンポス〉は化け物好きにはたまりません。自分の描いた作品を象ったブロンズ像制作を行っていたということを知ったのも収穫でありました。

 期待にそぐわぬ,大変素敵な美術展でありました。浜松まで足を運んだ甲斐があったというものです。今後もシュールレアリスムに関係する美術展は可能な限り行きたいもの。この分野が自分にとっても一番愛する芸術分野のひとつであることに間違いありません。だからこそ,更にシュールレアリスムに対する見識を高めていきたいものであります。

posted by 森山 樹 at 12:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術展感想

2014年09月04日

2014年9月美術展観賞予定

現在開催中の興味ある美術展は以下の通り。
【関東】
能面と能装束@三井記念美術館(07.24-09.21)
江戸妖怪大図鑑@太田記念美術館(07.01-09.25)
再発見!竹久夢二の世界@竹久夢二美術館(07.04-09.28)
日本SF展・SFの国@世田谷文学館(07.19-09.28)
進化するだまし絵 だまし絵II@Bunkamura(08.09-10.05)
宗像大社国宝展@出光美術館(08.16-10.13)
印象派の故郷 ノルマンディ展@損保ジャパン東郷青児美術館(09.06-11.09)
ファラオの秘宝 古代エジプト展@古代エジプト美術館
【中部・東海】
アニマルワールド@静岡県立美術館(07.29-09.07)
ポール・デルヴォーとベルギー近代絵画@ヤマザキマザック美術館(06.14-09.23)
デ・キリコ展@浜松市美術館(08.30-10.19)
美少女の美術史@静岡県立美術館(09.20-11.16)
カミノ/クマノ−聖なる場所へ@三重県立美術館(09.20-11.24)
美術する身体−ピカソ,マティス,ウォーホル@名古屋ボストン美術館(09.20-11.30)
【近畿】
バルテュス展@京都市美術館(07.05-09.07)
伊藤若冲の名宝展@承天閣美術館(06.15-09.23)
こども展@大阪市立美術館(07.19-10.13)
曽我蕭白 鳥獣画の探究@香雪美術館(08.23-10.13)
モナコ ロイヤル・ウェディング展@美術館「えき」KYOTO
未知なる大地 グリーンランドの自然と文化@国立民族学博物館(09.04-11.18)

9月は長距離の遠征はない予定。
関西方面くらいなら足を延ばす可能性はありますけれど。
一番行きたいのは浜松の「デ・キリコ展」。
日帰りは十分にできる距離なので検討したいと思います。
同じく静岡の「美少女の美術史」も面白そうなのですよね。
久しぶりに静岡旅行をするのもいいかもしれません。
それだけの余裕があれば,ですけれども。
名古屋の「ポール・デルヴォーとベルギー近代絵画」もいい加減に行かないとなあ。
三重の「カミノ/クマノ−聖なる場所へ」も気になります。
関東は10月に行く計画があるので,そのときかなあ。
関西はいまいち自分の興味の美術展に欠ける印象です。
秋からの開催に期待したいところですね。

posted by 森山 樹 at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 鑑賞予定

2014年09月02日

2014年8月美術展観賞記録

2014年8月に鑑賞した美術展・博物展は以下の通り。
国宝 醍醐寺のすべて@奈良国立博物館

先月の反動か,今月は「国宝 醍醐寺のすべて」だけ。
台風の影響で京都遠征が中止になったのが痛かった。
結局,「バルテュス展」は見逃すことになりそうです。
まあ,仕方がないですね。
「国宝 醍醐寺のすべて」は密教好きとしては大満足。
仏像を始めとする仏教美術を堪能いたしました。
尤も,それ程仏教美術に明るいわけでもないのですけれどね。
もう少し仏教美術については知識を深めたいところであります。
posted by 森山 樹 at 05:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術展鑑賞記録