2011年07月03日

2011年上半期回顧録

〈2011年上半期に鑑賞した美術展〉
ウフィツィ美術館展@国立国際美術館
筆墨精神@京都国立博物館
カンディンスキーと青騎士展@愛知県美術館
パウル・クレー展@京都国立近代美術館
ラファエル前派からウィリアム・モリスへ@美術館「えき」KYOTO
歌川国芳展@大阪市美術館
誕生! 中国文明@奈良国立博物館
大英博物館 古代ギリシャ展@神戸市立博物館
いわさきちひろ展@名古屋松坂屋美術館

鑑賞出来たのは全部で9つの美術展。
多いか少ないかは微妙なところですが,それなりに充実していました。
行きたい美術展は多々ありますので積極的に訪れたいものです。
特に東海と関西地方の美術展はなるべく漏らさないようにしたいもの。
結構自分好みの美術展が今夏は多いのですよね。
小旅行がてら美術鑑賞を楽しみたいと思います。
そして,自分に欠けている美術知識・素養を高めて行きたいものです。
上半期の美術展の中では「歌川国芳展」が群を抜いていました。
あそこまで満足度の高い美術展は近年でも稀だった気がします。
後は「大英博物館 古代ギリシャ展」も良かったなあ。
神戸まで足を運んだ甲斐がありました。
下半期も充実した美術鑑賞が送れるように願っております。
出来得るならば東京方面への遠征も企てたいところです。
posted by 森山 樹 at 19:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑文
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/46502063
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック