2013年07月20日

2013年上半期回顧録

上半期に鑑賞出来た美術展は全部で10展。
東京に遠征が出来なかったのは痛恨事。
地方在住の身が恨めしく思えます。
最近は東京開催のみの美術展が結構多いのですよね。
名古屋とは言わないまでも関西でもせめて開催して欲しいものであります。
近場に来た時には逃さず鑑賞することも肝要ですね。
『ラファエロ展』と『エル・グレコ展』を鑑賞出来なかったのが悔やまれます。
仕事が忙しかったので仕方がない部分もあるのですけれどね。
仕事に感けて趣味を疎かにするというのも困ったものです。

上半期で特に印象に残った美術展は『リヒテンシュタイン展』かなあ。
京都まで足を運んだ甲斐があったというもの。
『プーシキン美術館展』や『中国 王朝の秘宝』も素晴らしかったです。
日本画ではやはり『円山応挙展』かなあ。
何の気なしに行った『上村松園展』も意外に自分好みでありました。
『幽霊妖怪画大全集』も悪くなかったけれど,もう少し頑張って欲しかったなあ。
残酷画を含めた幽霊画は結構充実してはいたのですけれどね。

下半期は何とか少なくとも2度は東京遠征をしたいもの。
時期的には8月と10月か11月を考えています。
また,関西でも好みの美術展は結構あるので楽しみ。
東海地方がやや不作気味なのはちょっと残念ではあります。
いずれにせよ,極力積極的に足を運ぶようにしたいもの。
絶対に鑑賞したい美術展を見逃さないようにします。
その為の情報収集も怠らないようにしないといけません。
posted by 森山 樹 at 20:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術展鑑賞記録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/71148843
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック