2013年08月04日

2013年7月美術展鑑賞記録

2013年7月に鑑賞した美術展は以下の通り。
ポール・デルヴォー展@浜松市美術館
オディロン・ルドン 夢の起源@静岡市美術館

静岡旅行の際に2つの美術展を鑑賞してきました。
最低限,鑑賞したい美術展は楽しめたかなあという印象です。
東京と関西にも遠征したいところではあるのだけれどね。
鑑賞した2つの美術展はいずれも満足度が非常に高いです。
特にポール・デルヴォー展は漸く行けたので感慨深いものがあります。
古代遺跡と電車と美女の織り成す世界観がたまりません。
習作多めで作品そのものはそれ程多くなかったけれどね。
妖艶で幻想的な雰囲気に浸ることが出来ました。
オディロン・ルドン展は一応2回目ということになるのかな。
今回は色彩豊かな作品の展示も多く目新しさがありました。
まあ,やっぱり黒で描かれた作品の方が好みではあるんだけど。
静岡市美術館は今回が初めてでしたが綺麗な施設ですね。
静岡駅前という立地も非常に便利。
結構好みの美術展を多く開催している印象があります。
いずれ,また再訪することになるでしょう。
posted by 森山 樹 at 09:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術展鑑賞記録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/71765210
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック