2013年10月26日

みほとけのかたち

〈2013年美術展感想14展目〉
みほとけのかたち
会場:奈良国立博物館
会期:2013.07.20-09.16
観覧料:¥1,000
図録:未購入

 奈良国立博物館で開催された「みほとけのかたち」の感想です。仏像を見るのは好きなのですが,知識はあまりないのが残念。それでも全部で90点を越える仏像或いは曼荼羅図など仏教美術を心行くまで堪能することが出来ました。奈良国立博物館は常設展示の仏像館も見ごたえがあって大好きです。今回の展示は国宝5点,重要文化財42点が揃う貴重なもの。前期と後期で展示物に入れ替えが行われる為にその全部を鑑賞出来たわけではありませんが,それにしても得難い経験でありました。一言で仏像といってもその姿形は千差万別。様々な視点から比較鑑賞出来る今回の美術展は仏像に対する更なる興味や視点を養ってくれたように思います。個人的には元興寺の〈薬師如来立像〉や海住山寺の〈四天王立像〉などがお気に入り。〈薬師如来立像〉のあまりの美しさがたまりません。〈四天王立像〉は四天王それぞれの個性が楽しい。武神としての迫力にも圧倒されます。また,奈良国立博物館収蔵の〈伽藍神立像〉の何処か戯画めいた感じも楽しいです。同じく奈良国立博物館収蔵の〈愛染明王坐像〉もその厳めしい尊顔がたまらない。変わったところでは仏像の中に納入されていた物品の展示もありました。何処かミステリィ的な雰囲気が好みであります。展示の最後に設けられた曼荼羅図なども素敵でありました。残念だったのは〈両界曼荼羅〉が復元模写の展示だったということ。後半の展示だと実物を鑑賞することが出来たのですよね。尤も,後半の展示では見られなかった〈天寿国繍帳〉を見られたのではありましたけれども。実に満足感のある美術展でありました。もう少し仏像に対する知識があれば,なお楽しめたことでありましょう。このあたりは今後の課題にしたいと思います。なかなか全ての芸術分野に通じるということは難しいのですけれどね。関心をもったところから勉強していきたいものであります。
posted by 森山 樹 at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術展感想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/79233199
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック