2014年01月26日

名古屋ボストン美術館「ボストン美術館名品展 北斎」

〈2014年美術展感想1展目〉
ボストン美術館浮世絵名品展 北斎
会場:名古屋ボストン美術館
会期:2013.12.21-2014.03.23
観覧料:¥1,200
図録:未購入

 2014年最初の美術鑑賞は名古屋ボストン美術館の「ボストン美術館浮世絵名品展 北斎」ということになりました。ボストン美術館浮世絵名品展は過去にも二度行われていますが,観賞するのは今回が初めて。題名通りに葛飾北斎の作品が約140点展示された素敵な美術展であります。展示内容は北斎の生涯を追う形で分類され,風景画や人物画或いは博物画,妖怪画など多岐に渡っております。特に風景画は〈富嶽三十六景〉が20余点展示されているのが非常に大きい。「富嶽三十六景 神奈川沖波裏」や「富嶽三十六景 凱風快晴」などは題名を知らずとも一度は必ず見たことのある作品でありましょう。因みに自分も題名は今回初めて知りました。代表作を目にするとやはり震えるものを感じます。尤も,個人的には浮世絵においてはやはり風景画よりも人物画や博物画といった分野に心惹かれてしまいます。だまし絵的な発想に基づく〈六歌仙〉の浮世絵も楽しいものがあります。また,〈百物語〉と題された一連の妖怪画・幽霊画の素晴らしさもたまりません。特に「百物語 さらやしき」は番長皿屋敷を材に採った作品でありますが,皿の部分を蛇のように見立てた独特の構図が面白いです。或いは「鷽 垂桜」や「文鳥 辛夷花」といった鳥と花を並べた博物画の現実感も素晴らしい。博物画好きとしては思わず見入ってしまいました。珍しいところでは組上絵と呼ばれる立体的な作品も幾つか展示があったのが嬉しい。また「北斎漫画」も楽しいですね。これだけでも全部眺めていたい気になります。ここ数年,妙に好きになってきた浮世絵ですが,やはりその傾向は今年も変わらなさそう。積極的に美術展観賞を行い,見識を深めたいと思います。ボストン美術館という屈指の浮世絵収蔵を誇る美術館にふさわしい素敵な美術展でありました。
posted by 森山 樹 at 20:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術展感想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/86080914
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック