2013年05月19日

春画展の国内開催難航

春画 アートなのに… 国内巡回展は開催難航

これはちょっと残念な話題です。
春画とか残酷画には人を引き付けるものがあるのですよね。
まあ,美術館側が難色を示すのもよく分かりますけれど。
猥褻と芸術の境界は斯様に難しいものであります。
この国ではエロスに対する本音と建前があまりにも歪な気がしますね。
何とか国内でも巡回開催を実現して欲しいものです。
可能な限り遠征してでも鑑賞しようと思います。
posted by 森山 樹 at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 話題