2013年09月23日

「プーシキン美術館展 フランス絵画300年」感想

〈2013年美術展感想7展目〉
プーシキン美術館展 フランス絵画300年
会場:愛知県美術館
会期:2013.04.26-06.23
観覧料:¥1,300
図録:未購入

 モスクワにあるプーシキン美術館が誇るフランス絵画の所蔵品を紹介する美術展です。今回の展示はその名の通りに17世紀から20世紀前半までのフランス絵画300年の歴史を約70点の展示から追うというもの。このように年代別に展示されると自分の嗜好がはっきりと分かります。17世紀の古典主義やロココから18世紀の新古典主義やロマン主義は大好きなのですが,19世紀に入ると印象派や自然主義はともかくポスト印象派からは関心が薄れ,20世紀美術ではシュルレアリスム以外には殆ど興味がなくなってしまいます。今回の美術展でも19世紀後半以降の作品はあまり心惹かれませんでした。マリー・ローランサンとかマルク・シャガールは別ですけれどね。やはり心を奪われるのは17〜18世紀にかけての作品ばかり。特にフランソワ・ブーシェ≪ユピテルとカリスト≫やジャック=ルイ・ダヴィッド≪ヘクトルの死を嘆くアンドロマケ≫などギリシア神話を題材とした作品は強く印象に残ります。また,ユベール・ロベールの≪ピラミッドと神殿≫も大好き。今回が日本初公開となるピエール=オーギュスト・ルノワールの≪ジャンヌ・サマリーの肖像≫が見せる幸福感溢れる表情にも魅せられます。薔薇色の頬で微笑むジャンヌ・サマリーの華やいだ雰囲気がたまらないです。他にもドラクロワやコロー,ミレーの作品も素敵でした。これがセザンヌやゴッホ,マティスになってくると良さが分からなくなってくるのが不思議。単に自分に美術の素養に欠けている為に理解が出来ないだけでありましょう。好き嫌いだけでしか美術を語れない身が恨めしく思えます。何はともあれ,実に見応えのある美術展でありました。フランス絵画を歴史から追うという試みも面白かったです。プーシキン美術館は約70万点の所蔵品を抱えるとのこと。いつか実際に足を運んでみたい美術館です。こうして行きたい美術館だけが増えて行くのですよね。
posted by 森山 樹 at 10:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術展感想

2013年09月22日

「中国 王朝の至宝」感想

〈2013年美術展感想6展目〉
中国 王朝の至宝
会場:名古屋市博物館
会期:2013.04.24-06.23
観覧料:¥1,300
図録:未購入

 今年の4月に鑑賞した「中国 王朝の至宝」展の感想です。日本で言うところの国宝にあたる一級文物が展示の約6割を占めるという貴重な博物展でありました。出展数は約170点。今回の展示はほぼ同時代の都や地域に焦点を当てて代表的な文物の比較展示が行われたというのが特徴的。この対比を追うことで中国の文化史を展望することが出来るようになっています。なお,扱われる時代は夏・殷から宋代まで。古蜀と夏・殷,楚と斉・魯,秦と漢,北朝と南朝,唐の長安と洛陽,遼と宋の比較をもって展示は構成されています。展示物の数も多く,相当に見応えのある展示でありましたが,特に個人的には秦代の兵馬俑の実物を鑑賞することが出来たのは収穫でした。予てから是非見たいと願っていた文物なのですよね。想像よりも遙かに大きく,精緻な造形は迫力がありました。やはり写真では伝わらないものというのは確かに存在します。また,南朝の関中侯印の美しさも格別でありました。唐代以降は仏教の影響が大きくなってくるというのも面白い。また,比較展示ということで同時代の地域差というのも実感します。古蜀は黄金文化で夏・殷は青銅文化というのはその最たるものでありましょう。また,北方騎馬民族の遼と漢民族の宋での文化的な差異も実に楽しい。2008年に発見されたばかりの阿育王塔の日本初公開というのも嬉しかった。最新の発掘成果を感じられるというのは良いですね。展示のいずれもがまさしく歴代王朝の至宝といっても差し支えない文物ばかりで非常に楽しめました。やはり自分が中国史好きであることを再認識いたします。今後とも斯様な機会は逃さないようにしたいものであります。
posted by 森山 樹 at 12:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術展感想

2013年09月16日

「円山応挙展」感想

〈2013年美術展感想5展目〉
円山応挙展
会場:愛知県美術館
会期:2013.03.01-04.14
観覧料:¥1,300
図録:未購入

 今年の3月に鑑賞した「円山応挙展」の感想です。鑑賞してから半年が経過しておりますので,最早印象も薄れがちではありますけれども,一応記録として書きたいと思います。元々,日本画は自分の好みから外れていますので,それ程の知識はないのですけれど,円山応挙はその中でも別格に好きな画家であります。その理由は端的に言って幽霊画。今回の「円山応挙展」に幽霊画の展示はありませんでしたが,それでもやはり素直に楽しむことが出来ました。総展示数は入れ替え作品を含めて80余点。見応えのある数でありましょう。特に兵庫県大乗寺の客殿二間を再現した展示は圧巻。中国史に名を残す郭子儀が描かれているのも好みでした。写実性を重視した応挙の作風は素直に自分の好むところであります。神農を描いた作品は中国神話好きとしてはやはり嬉しい。また,「白狐図」や「柳下狗子図」の可愛らしさも印象に残りました。応挙の作品を真に楽しむにはまだまだ知識が足らないことを強烈に実感しましたが,それでもなお楽しむことが出来た美術展でありました。日本美術ももっと積極的に触れて行きたいものであります。これも年を重ねての嗜好の変化と言えるのかもしれません。
posted by 森山 樹 at 15:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術展感想

2013年06月09日

「知られざるミュシャ展」感想

〈2013年美術展感想4つめ〉
知られざるミュシャ展‐故国モラヴィアと栄光のパリ
会場:美術館「えき」KYOTO
会期:2013.03.01-03.31
観覧料:¥900
図録:未購入

 3月に鑑賞した「知られざるミュシャ展」の感想です。ただ,今回は美術館で出展目録を入手出来なかったので簡易的な感想になります。出展目録は鑑賞後に振り替えるときに非常に便利なので用意して欲しいですね。毎回毎回図録を購入するわけにもいきません。財政的にも収納的にもそこまでの余裕はないのです。

続きを読む
posted by 森山 樹 at 18:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術展感想

2013年05月26日

「リヒテンシュタイン」感想

〈2013年美術展感想3つめ〉
リヒテンシュタイン 華麗なる侯爵家の秘宝
会場:京都市美術館
会期:2012.03.19-06.09
観覧料:¥1,500
図録:未購入

 世界で6番目に小さい国リヒテンシュタイン侯国は優れた美術品蒐集活動においても名を知られています。500年以上の長きに渡って集められたヨーロッパ美術の名品は英国王室に次ぐ世界最大級の個人コレクションでもあります。今回はそのリヒテンシュタイン家の誇る美術展を鑑賞出来る絶好の機会と言うわけで絶対に見逃すことは出来ない美術展でありました。

続きを読む
posted by 森山 樹 at 19:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術展感想

2013年05月06日

「クリムト 黄金の騎士をめぐる物語」感想

〈2013年美術展感想2つめ〉
クリムト 黄金の騎士をめぐる物語
会場:愛知県美術館
会期:2012.12.21-2013.02.11
観覧料:¥1,300
図録:未購入

 愛知県美術館の開館20周年を記念して開催された「クリムト 黄金の騎士をめぐる物語」を鑑賞してきました。今年の1月に。もっと早く感想を書くつもりだったのだけどなあ。既に記憶もおぼろげとなりつつありますので簡易的な感想に終始してしまいそう。折角鑑賞するのだから,何とか鑑賞後すぐに感想を書き上げたいものです。まだ,幾つも残っているのだけどね。頑張って追いついていきたいと思います。

続きを読む
posted by 森山 樹 at 11:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術展感想

2013年03月24日

「マウリッツハイス美術館展」感想

〈2013年美術展感想1つめ〉
マウリッツハイス美術館展
会場:神戸市博物館
会期:2012.09.29-2013.01.06
観覧料:¥1,500
図録:未購入

 昨年末に鑑賞した「マウリッツハイス美術館展」の感想です。ずっと行きたかった美術展なのですが,遂に行ける余裕が見つからず,結局帰省の際に神戸に立ち寄って鑑賞することになりました。最近の美術館は年末年始も開館してくれているのですね。美術館の運営に携わる関係者及び学芸員さんの尽力に心から感謝したいと思います。

続きを読む
posted by 森山 樹 at 20:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術展感想

2012年10月22日

「大エルミタージュ展」感想

大エルミタージュ美術館展−世紀の顔 西洋絵画の400年
会場:名古屋市美術館
会期:2012.07.28-09.30
観覧料:¥1,500
図録:未購入

 久々の美術展の感想です。簡易感想にしようと思っていたのですが,結局いつも通りの長文になってしまいました。長いだけで中身の薄い文章はなるべく避けたいところではあります。今後も美術展鑑賞記録の在り方については模索を続けなければなりますまい。何よりも美術に対する素養のなさを補うべく知識を養って行きたいところです。なお,今年鑑賞して感想を書いていない美術展については可能な限り書いていきたいと思っています。同時に今後鑑賞する美術展の記録・感想はその都度なるべく早めに書くつもり。自分の記録という意味合いにおいても頑張りたいと思います。

続きを読む
posted by 森山 樹 at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術展感想

2012年01月09日

「ヴェネツィア展」感想

ヴェネツィア展−魅惑の芸術 千年の都
会場:江戸東京博物館
会期:2011.09.23-12.11
観覧料:¥1,400
図録:未購入

 江戸東京博物館で開催中の「世界遺産ヴェネツィア展」の感想です。現在は東京での開催を終えて,愛知県で開催中。今後は宮城→愛媛→京都→広島と巡回をする予定とのこと。本来であれば愛知県での開催を待つつもりだったのですが,東京へ遊びに行った際にちょうど開催中だったので鑑賞してきました。余力があれば,愛知県での開催にも足を運びたいと思っています。

続きを読む
posted by 森山 樹 at 21:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術展感想

2011年12月15日

「ウィリアム・ブレイク版画展」感想

ウィリアム・ブレイク版画展
会場:国立西洋美術館
会期:2011.10.22-2012.01.29
観覧料:¥420(常設展込)
図録:なし

 順番が前後してしまいましたが,「ゴヤ 光と影」と同時に国立西洋美術館で開催されていた「ウィリアム・ブレイク」版画展の感想です。と言っても,常設展の一角を利用した小規模な美術展。但し,内容は実に濃密でした。時間があれば常設展もゆっくりと鑑賞したいものですが,いつも時間に急いた鑑賞しか出来ていないのが残念。次回こそはと思っています。

続きを読む
posted by 森山 樹 at 20:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術展感想

2011年12月11日

「ヒンドゥー美術展」感想

ヒンドゥー美術展
会場:石洞美術館
会期:2011.09.03-2011.12.18
観覧料:¥500
図録:未購入

 先月の東京遠征の際に鑑賞した美術展。石洞美術館は財団法人美術工藝振興佐藤基金が運営する美術館で千住金属工業株式会社の本社ビル内にある美術館です。最寄りの駅は京成線千住大橋駅。駅からは特に案内が出ていないうえに分かり辛い建物ですので事前に確認した方がよいかと思われます。

続きを読む
posted by 森山 樹 at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術展感想

2011年12月06日

「ゴヤ 光と影」感想

プラド美術館所蔵 ゴヤ 光と影
会場:国立西洋美術館
会期:2011.10.22-2012.01.29
観覧料:¥1,500
図録:未購入

 先月,関東遠征時に鑑賞した「ゴヤ展」の感想です。相変わらず,感想を書くのが遅くて反省することしきり。何とか今年鑑賞した美術展は年内に感想を書き上げてしまおうと思っています。ちなみにゴヤは以前大阪市美術館での「プラド美術館展」時にもそれなりに鑑賞しました。やはり自分にとっては大好きな画家のひとりです。

続きを読む
posted by 森山 樹 at 20:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術展感想

2011年11月23日

「恋する静物−静物画の世界」感想

恋する静物−静物画の世界
会場:名古屋ボストン美術館
会期:2011.09.17-2012.02.19
観覧料:¥1,200
図録:未購入

 名古屋ボストン美術館で開催中の「恋する静物」展を鑑賞してきました。個人的に静物画はかなり好きな分野となります。博物画や所謂騙し絵は尤も好きな美術分野なのですよね。そこに寓意を込めた静物画は作者の意図を解き明かすミステリィめいた雰囲気が多分に漂います。尤も,現代の博物画はさっぱり意図が分からないものも多分にあるのですけれど。

続きを読む
posted by 森山 樹 at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術展感想

2011年10月30日

「天竺へ−三蔵法師3万キロの旅」感想

天竺へ−三蔵法師3万キロの旅
会場:奈良国立博物館
会期:2011.07.16-08.28
観覧料:¥1,200
図録:未購入

 ほぼ三か月前のことになりますが,奈良国立博物館の「天竺へ−三蔵法師3万キロの旅」を鑑賞してきました。中国史好きとしても,西遊記好きとしても,三蔵法師こと玄奘は興味のある人物。特に今回は国宝の「玄奘三蔵絵」の展示があるということで楽しみにしていました。ただ,会期の都合上半分しか見られなかったのが残念です。流石に二回行く余裕はなかったですしねえ。

続きを読む
posted by 森山 樹 at 20:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術展感想

2011年09月21日

「フェルメール〈地理学者〉とオランダ・フランドル絵画展」感想

フェルメール〈地理学者〉とオランダ・フランドル絵画展
会場:豊田市美術館
会期:2011.06.11-08.28
観覧料:¥1,400
図録:未購入

 愛知県豊田市立美術館で開催されていた「フェルメール〈地理学者〉とオランダ・フランドル絵画展」を鑑賞してきました。と言っても,既に2か月前のことになりますが。此処のところ頓に文章を書く能力に衰えを感じます。というよりも,文章を書く取りかかりに時間がかかってしまうのですね。この辺りは猛省したいと思います。今後はなるべく早めに感想を書き上げたいものです。

続きを読む
posted by 森山 樹 at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術展感想

2011年08月28日

「レンブラント 光の探求/闇の誘惑」感想

レンブラント 光の探求/闇の誘惑
会場:名古屋市美術館
会期:2011.06.25-09.04
観覧料:¥1,400
図録:未購入

 国立西洋美術館での開催時から是非とも鑑賞したいと思っていた「レンブラント 光の探求/闇の誘惑」展をようやく訪れることが出来ました。このように巡回してくれる美術展は地方在住の身には有難いです。関東や関西のみ開催の美術展だと交通費及び宿泊費が嵩みますから。尤も,レンブラントの美術展ということであれば,それでも後悔はしないでしょうけれども。

続きを読む
posted by 森山 樹 at 21:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術展感想

2011年05月22日

「いわさきちひろ展」感想

いわさきちひろ展
会場:名古屋松坂屋美術館
会期:2011.04.27-05.17
観覧料:¥1,000
図録:購入(¥2,000)

 名古屋松坂屋美術館で開催されていた「いわさきちひろ展」を鑑賞してきました。いわさきちひろは自分にとって大変大切な存在のひとりで,この種の美術展があれば可能な限り訪れています。東京のいわさきちひろ美術館にも一度だけ足を運びました。安曇野いわさきちひろ美術館はまだ行ったことがないので,いつかは訪れたいと思っています。

続きを読む
タグ:絵本
posted by 森山 樹 at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術展感想

2011年05月14日

「大英博物館 古代ギリシャ展」感想

大英博物館 古代ギリシャ展
会場:神戸市立博物館
会期:2011.03.12-06.12
観覧料:¥1,500
図録:未購入(¥2,300)

 神戸市立博物館で開催中の「大英博物館 古代ギリシャ展」を鑑賞してきました。大英博物館は世界に幾多ある美術館・博物館の中でも最も行きたい場所のひとつ。憧れの場所であります。更に大好きな古代ギリシャ美術を扱った美術展ということであれば,少々の遠出を厭うことは出来ません。その期待に背かぬ大変楽しい美術展でした。期間に余裕があるので可能ならば是非鑑賞して欲しいものです。

続きを読む
タグ:西洋
posted by 森山 樹 at 09:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術展感想

2011年05月09日

「誕生! 中国文明」感想

誕生! 中国文明
会場:奈良国立博物館
会期:2011.04.05-05.29
観覧料:¥1,400
図録:未購入(¥2,300)

 奈良国立博物館で開催中の「誕生! 中国文明」を鑑賞してきました。もともと中国史好きなのでこういう美術展は実に嬉しい。昨年から他地域で巡回しているのが羨ましかったのですよね。今回,ようやく満を持しての鑑賞と言うことになりました。名古屋にも関西にも気軽に行ける地域在住なのが,こういうときは実に有難いです。全国巡回なら大抵どちらかには行けますから。

続きを読む
タグ:中国
posted by 森山 樹 at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術展感想

2011年05月04日

「没後150年 歌川国芳展」感想

没後150年 歌川国芳展
会場:大阪市立美術館
会期:2011.04.12-06.05
観覧料:¥1,300
図録:購入(¥2,500)

 大阪市立美術館で開催中の歌川国芳展を鑑賞してまいりました。基本的には西洋系の美術展の情報蒐集ばかりしているので,当初は完全に見落としてしまっていました。twitterのフォロワーが呟かなかったら未だに気付いていなかったかもしれません。その意味では情報蒐集道具としてのtwitterの有難味を痛感した一件でした。

続きを読む
タグ:日本画
posted by 森山 樹 at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術展感想