2011年02月12日

「ウフィツィ美術館自画像コレクション」感想

〈2011年美術展感想1本目〉
ウフィツィ美術館自画像コレクション−巨匠たちの「秘めた素顔」
会場:国立国際美術館
会期:2010.11.27-2011.02.20
観覧料:¥1,400
図録:未購入

 大阪・国立国際美術館で開催中の「ウフィツィ美術館自画像コレクション」展を鑑賞してきました。鑑賞してきました,と言っても既に1か月前のことになりますけれど。御蔭でかなり記憶もおぼろげな感じ。やはり感想は鑑賞直後に書かねばなりません。せめて記憶が薄らぐ前に今後は書くように心がけたいと思います。というわけで,今回の感想は特に手抜きなものとなっております。

続きを読む
posted by 森山 樹 at 11:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術展感想

2010年12月28日

「アルブレヒト・デューラー版画・素描展」感想

アルブレヒト・デューラー版画・素描展
会場:国立西洋美術館
会期:2010.10.26-2011.01.16
観覧料:¥850
図録:未購入(¥2,300)

 東京・上野の国立西洋美術館で開催中の「アルブレヒト・デューラー版画・素描展」を鑑賞してきました。国立西洋美術館は東京に行く度に訪れている美術館です。その名の通り,西洋美術に関する美術展ばかりなので自分の趣味と完全に一致するのですよね。上野駅から歩いてすぐという立地も嬉しいところ。問題はやはり人出が多いと言うことでしょうか。これは仕方がないことではありますけれど。

続きを読む
posted by 森山 樹 at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術展感想

2010年12月26日

「モネとジヴェルニーの画家たち」感想

モネとジヴェルニーの画家たち
会場:Bunkamuraザ・ミュージアム
会期:2010.12.07-2011.02.17
観覧料:¥1,400
図録:未購入

 東京渋谷にあるBunkamuraザ・ミュージアムで開催中の「モネとジヴェルニーの画家たち」に行ってきました。今年初めての東京なのでBunkamuraに行くのも勿論久しぶり。ただ,やっぱり好きな美術館のひとつです。開催される美術展が自分好みのものが多いと言うのも嬉しいところ。問題は渋谷の人混みが超苦手ということでしょうか。今回は休日の午後だけに余計に多かったです。

続きを読む
posted by 森山 樹 at 14:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術展感想

2010年12月21日

「ポーラ美術館コレクション展」感想

ポーラ美術館コレクション展
会場:名古屋市美術館
会期:2010.12.07-2011.02.06
観覧料:¥1,300
図録:未購入

 名古屋市美術館で開催中の「ポーラ美術館コレクション展」の感想です。名古屋市美術館は愛知県美術館と並んで一番なじみの美術館なのですが,訪れたのは意外にも今年初めての模様。そんなにも行っていなかったかしら。美術館の近くまではそれなりに行っている筈なのだけれども。ちなみに前回は「モネ 印象 日の出展」だったみたいです。

続きを読む
posted by 森山 樹 at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術展感想

2010年12月19日

「カポディモンテ美術館展」感想

カポディモンテ美術館展
会場:京都文化博物館
会期:2010.10.09-12.05
観覧料:¥1,300
図録:未購入(¥2,000)

 「ブリューゲル版画の世界展」と同じ日に京都文化博物館で開催中の「カポディモンテ美術館展」も鑑賞してきました。京都文化博物館は今年2回目となります。雰囲気が結構よく好きな博物館なのですが,2010年12月から2011年夏にかけて改修作業の為に一時閉館するとのこと。新しく生まれ変わる京都文化博物館を楽しみにしたいと思います。

続きを読む
posted by 森山 樹 at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術展感想

2010年11月23日

「ブリューゲル版画の世界展」感想

ブリューゲル版画の世界
会場:美術館「えき」KYOTO
会期:2010.10.22-11.23
観覧料:¥900
図録:購入(¥2,500)

 美術館「えき」KYOTOで開催中の「ブリューゲル版画の世界」展を鑑賞してきました。この美術展は東急Bunkamura開催時から鑑賞したかった美術展なので念願が叶いました。ちなみに美術館「えき」KYOTOは今回が初めて。その名のとおり京都駅の中にある美術館です。交通の便がいいのは魅力的。今後も美術展を要確認しようと思います。

続きを読む
posted by 森山 樹 at 19:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術展感想

2010年11月14日

「古代カルタゴとローマ展」感想

古代カルタゴとローマ展−きらめく地中海文明の至宝
会場:名古屋・松坂屋美術館
会期:2010.10.23-11.21
観覧料:¥1,000
図録:未購入(¥2,000)

 古代カルタゴといえばハンニバル・バルカの名前が挙がりますが,それ以外のことはあまり知られていなかったりします。今回はローマ征服前とローマ征服後のふたつのカルタゴの姿を浮かび上がらせる美術展とのことで楽しみにしておりました。松坂屋美術館を訪れるのは今年初めて。割と好みの美術展を開催してくれるので,我ながらちょっと意外な気もします。そんなに来ていなかったかしらん。

続きを読む
posted by 森山 樹 at 21:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術展感想

2010年10月11日

「水木しげる・妖怪図鑑」感想

水木しげる・妖怪図鑑
会場:兵庫県立美術館
会期:2010.07.31-10.03
観覧料:¥1,300
図録:購入(¥2,400)

 水木しげると言えば妖怪好きにはたまらない人物です。勿論,それは自分にとっても同じこと。水木しげるが手掛けた妖怪図鑑は幼い頃の愛読書の一冊でした。そんな水木しげるの妖怪図画が堪能できる美術展とあらば行かないわけにはいきません。というわけで,兵庫県立美術館で開催されていた,その名も「水木しげる・妖怪図鑑」展を鑑賞してきました。

続きを読む
posted by 森山 樹 at 21:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術展感想

2010年09月22日

「古代メキシコ・オルメカ文明展」感想

古代メキシコ・オルメカ文明展−マヤへの道
会場:京都文化博物館
会期:2010.07.31-09.26
観覧料:¥1,300
図録:未購入

 京都文化博物館で開催されている古代メキシコ・オルメカ文明展に行ってきました。メソアメリカ文明は結構好きなのですが,オルメカ文明に関する展覧会は目新しい気がします。残念ながら出展表がないので,薄れた記憶を基とした感想です。流石に毎度図録を購入することも出来ませんので,出展表は用意して欲しいなと思います。鑑賞後に直ぐ感想を書けばいいのですけどね。

続きを読む
posted by 森山 樹 at 06:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術展感想

2010年09月20日

「ボストン美術館展」感想

ボストン美術館展−西洋絵画の巨匠たち
会場:京都市美術館
会期:2010.07.06-08.29
観覧料:¥1,500
図録:未購入

 京都市美術館で開催されていたボストン美術館展へと行ってきました。ボストン美術館は名古屋にも姉妹館がある為に馴染みの深い美術館です。今回は「西洋絵画の巨匠たち」と題された美術展で16〜20世紀の作品展示となっています。印象派の作品が特に多かったように思えました。

続きを読む
posted by 森山 樹 at 13:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術展感想

2010年08月08日

「ポンペイ展」感想

ポンペイ展−世界遺産 古代ローマ文明の奇跡
会場:名古屋市博物館
会期:2010.06.24−08.29
観覧料:¥1,300
図録:未購入

 名古屋市博物館で開催中のポンペイ展に行ってきました。古代ローマ関係の美術展は数多いですね。勿論,世界史趣味者としては嬉しいのですが,その他の地域の文明展も鑑賞したいと思うことしきり。需要がないわけではないと思うのですけれど。

続きを読む
posted by 森山 樹 at 21:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術展感想

2010年07月20日

「大遣唐使展」感想

平城遷都1300年記念 大遣唐使展
会場:奈良国立博物館
会期:2010.04.03-06.20
観覧料:¥1,400
図録:未購入

 今年は平城京遷都1300年記念の一環として奈良国立博物館で開催されていた博物展です。ついでに復元された太極殿や朱雀門も訪れたのですが,その威容は格別のものでした。在りし日の繁栄が瞼に浮かびます。
 なお,この博物展はトリノ・エジプト展と同日に鑑賞したもの。感想を書くまでに二カ月以上かかる筆の遅さは反省材料です。

続きを読む
posted by 森山 樹 at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術展感想

2010年07月11日

「トリノ・エジプト展」感想

トリノ・エジプト展−イタリアが愛した美の遺産−
会場:神戸市立博物館
会期:2010.03.20-05.30
観覧料:¥1,500
図録:未購入

 東京開催時に行けなかったトリノ・エジプト展ですが,待望の関西開催ということで行ってきました。場所は初めての神戸市立博物館。阪神と近鉄が接続されたので神戸も気軽に行ける日帰り遠征範囲になりました。今後も足繁く通うことになりそうです。神戸はもともと大好きな街ですしね。
 ちなみに鑑賞したのは黄金週間中。鑑賞してから感想までに2カ月以上かかる悪癖は改めたいものです。

続きを読む
posted by 森山 樹 at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術展感想

2010年05月10日

「小川芋銭と珊瑚会の画家たち」感想

「小川芋銭と珊瑚会の画家たち」展
会場:愛知県美術館
会期:2010.04.09-05.23
観覧料:¥1,000
図録:¥2,000(未購入)

 正直なところ,あまり国内の近代作家には興味がありません。欧州志向の強い自分には芸術といえば西洋画といった想いが強いのです。但し,水墨画ということであれば話は別。特に妖怪や神話,伝承を描いた作品は大変に好みです。今回は水魅山妖を描いた小川芋銭の美術展を鑑賞してきました。

続きを読む
posted by 森山 樹 at 21:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術展感想

2010年01月31日

「大ローマ展」感想

大ローマ展−古代ローマ帝国の遺産
会場:愛知県美術館
会期:2010.01.06-2010.03.22
観覧料:¥1,200
図録:¥2,300(購入)

 世界史好きとしては絶対に見逃せない古代ローマ帝国にまつわる文物を集めた「大ローマ展−古代ローマ帝国の遺産」を鑑賞してきました。名称が微妙に変更されていますが昨年末に国立西洋美術館で開催されていた「古代ローマ帝国の遺産展」と同じ催しなのでしょうか。

続きを読む
posted by 森山 樹 at 20:54| Comment(0) | TrackBack(1) | 美術展感想

2010年01月17日

「THE ハプスブルク」感想

THE ハプスブルク
会場:京都国立博物館
会期:2010.01.06-2010.03.14
観覧料:¥1,500
図録:¥2,300(購入)

 京都国立博物館で開催されている「THE ハプスブルク」展を鑑賞してきました。ハプスブルク家は言わずと知れた欧州の名門王家のひとつであり,多数の芸術家たちの庇護者でもあります。自分も歴史趣味者として大好きな一族である為,ハプスブルク家に所縁する様々な文物を楽しむことが出来ました。

続きを読む
posted by 森山 樹 at 15:34| Comment(0) | TrackBack(1) | 美術展感想

2009年08月02日

「海のエジプト展」感想

海のエジプト展−海底からよみがえる,古代都市アレクサンドリアの至宝
会場:パシフィコ横浜
会期:2009.06.27〜2009.09.23
観覧料:2,300円
図録:2,400円(購入)

 横浜みなとみらい地区のパシフィコ横浜で開催中の「海のエジプト」展を鑑賞してまいりました。かなり駆け足になってしまったのが残念ですが,横浜みなとみらい地区は非常に雰囲気の良い場所で気に入りました。今度は時間のあるときにゆっくりと見て回りたいものです。

続きを読む
posted by 森山 樹 at 15:17| Comment(2) | TrackBack(0) | 美術展感想

2009年07月21日

「生活と芸術 アーツ&クラフツ展」感想

生活と芸術 アーツ&クラフツ展 ウィリアム・モリスから民芸まで
愛知県美術館
観覧料:1,200円
図録:未購入

 愛知県美術館で開催中の「生活と芸術 アーツ&クラフツ」展を鑑賞してきました。その名のとおり,19世紀の英国で興ったデザイン運動であるアーツ&クラフツに関する展覧会です。普段はあまり行かない分野ではありますが,なかなか楽しめました。

続きを読む
posted by 森山 樹 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術展感想

2009年06月07日

静物画の秘密展

ウィーン美術史美術館所蔵 静物画の秘密展
兵庫県立美術館
観覧料:1,300円 
図録:購入

 神戸市の兵庫県立美術館で開催されていた〈ウィーン美術史美術館所蔵 静物画の秘密展〉に行ってきました。約3か月前に。感想は直ぐに書かないと記憶が風化してしまいます。毎回反省しているのですが,なかなか実行できません。困ったものです。

続きを読む
posted by 森山 樹 at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術展感想

2009年05月01日

2009年5月美術鑑賞予定

何かと忙しく4月は美術鑑賞できず。
3月に鑑賞した〈ウィーン美術史美術館展〉の感想も書けていません。
何とか黄金週間中に建て直したいところです。

5月の鑑賞予定は以下の通り。

迷宮への招待 エッシャー展@名古屋松坂屋美術館(〜5/19)
視覚の魔術 だまし絵展@名古屋市美術館(〜6/7)

というわけで,4月と全く変わりありません。
他にも面白そうな美術展はあるかな。
posted by 森山 樹 at 06:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術展感想