2014年12月03日

2014年12月美術展鑑賞予定

現在開催中の興味ある美術展は以下の通り。
【関東】
ティム・バートンの世界@森アーツギャラリー(11.01-01.04)
雪と月と花@三井記念美術館(12.11-01.24)
ヒカリ展@国立科学博物館(10.28-02.22)
【中部・東海】
特撮博物館@名古屋市科学館(11.01-01.12)
ロイヤル・アカデミー展@静岡市美術館(12.06-01.25)
【近畿】
だまし絵II@兵庫県立美術館(10.15-12.28)
新印象派@あべのハルカス美術館(10.10-01.12)

東京と関西方面に遠征したので目ぼしい美術展はほぼ鑑賞済み。
忙しすぎる年の瀬ということもあって,美術展鑑賞は停滞予定です。
行くとすれば「特撮博物館」くらいかなあ。
「ティム・バートンの世界」は行きたいけど,東京に行く余力はありません。
日帰りで大阪の「新印象派」はありかもしれませんけれども。
来年に向けて英気を養う一か月になりそうであります。
毎年年末はこんな感じですけれどね。
posted by 森山 樹 at 06:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 鑑賞予定

2014年11月10日

2014年11月美術展鑑賞予定

現在開催中の興味ある美術展は以下の通り。
【関東】
ティム・バートンの世界@森アーツギャラリー(11.01-01.04)
ヒカリ展@国立科学博物館(10.28-02.22)
【中部・東海】
美少女の美術史@静岡県立美術館(09.20-11.16)
カミノ/クマノ 聖なる場所へ@三重県立美術館(09.20-11.24)
祈りと癒しの地 熊野@三重県立総合博物館(10.11-11.24)
国宝・久能山東照宮展@静岡市美術館(10.04-11.24)
美術する身体@名古屋ボストン美術館(09.20-11.30)
特撮博物館@名古屋市科学館(11.01-01.12)
【近畿】
正倉院展@奈良国立博物館(10.24-11.12)
ホイッスラー展@京都国立近代美術館(09.13-11.16)
国宝鳥獣戯画と高山寺@京都国立博物館(10.07-11.24)
歌川国芳の世界@美術館「えき」KYOTO(10.24-11.24)
華麗なるジャポニスム展@京都市美術館(09.30-11.30)
妖怪幻獣百物語@ナレッジキャピタル(10.24-11.30)
大古事記展@奈良県立美術館(10.18-12.14)
だまし絵II@兵庫県立美術館(10.15-12.28)
新印象派@あべのハルカス美術館(10.10-01.12)

京都と奈良の美術展は鑑賞済。
芸術の秋を堪能いたしました。
先月に東京遠征したことで関東方面は特に観たい美術展は少ないです。
今月は他にも大阪に遠征予定。
「妖怪幻獣百物語」は是非とも鑑賞しなければなりません。
余力があれば,静岡にも行きたいのだけれどなあ。
名古屋の「特撮博物館」にも興味はかなりあります。
「美術する身体」と合わせて鑑賞したいものであります。
人出はかなり見込まれる気がしますけれどね。
「正倉院展」や「国宝鳥獣戯画と高山寺」程でなければ問題はないです。
posted by 森山 樹 at 06:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 鑑賞予定

2014年10月08日

2014年10月美術展観賞予定

現在開催中の興味ある美術展は以下の通り。
【関東】
アマゾン展@古代オリエント博物館(09.13-10.25)
印象派の故郷 ノルマンディ展@損保ジャパン東郷青児美術館(09.06-11.09)
歌川国貞@太田記念美術館(10.01-11.24)
東山御物の美@三井記念美術館(10.04-11.24)
高野山の至宝@サントリー美術館(10.11-12.07)
日本国宝展@東京国立博物館(10.15-12.07)
ウフィツィ美術館展@東京都美術館(10.11-12.14)
チューリヒ美術館展@国立新美術館(09.25-12.15)
フェルディナント・ホドラー展@国立西洋美術館(10.07-01.12)
【中部・東海】
美少女の美術史@静岡県立美術館(09.20-11.16)
カミノ/クマノ−聖なる場所へ@三重県立美術館(09.20-11.24)
国宝・久能山東照宮展@静岡市美術館(10.04-11.24)
祈りと癒しの地・熊野@三重県立総合博物館(10.11-11.24)
美術する身体−ピカソ,マティス,ウォーホル@名古屋ボストン美術館(09.20-11.30)
【近畿】
ホイッスラー展@京都国立近代美術館(09.13-11.16)
京へのいざない@京都国立博物館 平成知新館(09.13-11.16)
未知なる大地 グリーンランドの自然と文化@国立民族学博物館(09.04-11.18)
国宝鳥獣戯画と高山寺@京都国立博物館(10.07-11.24)
ボストン美術館 華麗なるジャポニスム展@京都市美術館(09.30-11.30)
ジャン・フォートリエ展@国立国際美術館(09.27-12.07)
大古事記展@奈良県立美術館(10.18-12.14)
だまし絵II@兵庫県立美術館(10.15-12.28)
新印象派@あべのハルカス美術館(10.10-01.12)

芸術の秋到来ということで行きたい美術展が多数開催されます。
先ずは東京方面に遠征に行くつもり。
今回は一日しか美術鑑賞に割く時間がないのが問題。
どれだけ効率よく回れるかが問題となりそうです。
可能ならば年内にもう一度東京遠征はしたいところなのですけれどね。
また,静岡にも遠征に行くことを計画しています。
此方は割合にゆっくり出来そうな雰囲気。
特に「美少女の美術史」は題材的に見逃すことが出来ません。
関西までは流石に今月は手が回らないかなあ。
来月回しとなる公算が強いです。
三重県のふたつの美術展も早めに行ってしまいたいところです。
posted by 森山 樹 at 22:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 鑑賞予定

2014年09月04日

2014年9月美術展観賞予定

現在開催中の興味ある美術展は以下の通り。
【関東】
能面と能装束@三井記念美術館(07.24-09.21)
江戸妖怪大図鑑@太田記念美術館(07.01-09.25)
再発見!竹久夢二の世界@竹久夢二美術館(07.04-09.28)
日本SF展・SFの国@世田谷文学館(07.19-09.28)
進化するだまし絵 だまし絵II@Bunkamura(08.09-10.05)
宗像大社国宝展@出光美術館(08.16-10.13)
印象派の故郷 ノルマンディ展@損保ジャパン東郷青児美術館(09.06-11.09)
ファラオの秘宝 古代エジプト展@古代エジプト美術館
【中部・東海】
アニマルワールド@静岡県立美術館(07.29-09.07)
ポール・デルヴォーとベルギー近代絵画@ヤマザキマザック美術館(06.14-09.23)
デ・キリコ展@浜松市美術館(08.30-10.19)
美少女の美術史@静岡県立美術館(09.20-11.16)
カミノ/クマノ−聖なる場所へ@三重県立美術館(09.20-11.24)
美術する身体−ピカソ,マティス,ウォーホル@名古屋ボストン美術館(09.20-11.30)
【近畿】
バルテュス展@京都市美術館(07.05-09.07)
伊藤若冲の名宝展@承天閣美術館(06.15-09.23)
こども展@大阪市立美術館(07.19-10.13)
曽我蕭白 鳥獣画の探究@香雪美術館(08.23-10.13)
モナコ ロイヤル・ウェディング展@美術館「えき」KYOTO
未知なる大地 グリーンランドの自然と文化@国立民族学博物館(09.04-11.18)

9月は長距離の遠征はない予定。
関西方面くらいなら足を延ばす可能性はありますけれど。
一番行きたいのは浜松の「デ・キリコ展」。
日帰りは十分にできる距離なので検討したいと思います。
同じく静岡の「美少女の美術史」も面白そうなのですよね。
久しぶりに静岡旅行をするのもいいかもしれません。
それだけの余裕があれば,ですけれども。
名古屋の「ポール・デルヴォーとベルギー近代絵画」もいい加減に行かないとなあ。
三重の「カミノ/クマノ−聖なる場所へ」も気になります。
関東は10月に行く計画があるので,そのときかなあ。
関西はいまいち自分の興味の美術展に欠ける印象です。
秋からの開催に期待したいところですね。

posted by 森山 樹 at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 鑑賞予定

2014年08月02日

2014年8月美術展観賞予定

現在開催中の興味ある美術展は以下の通り。
【関東】
能面と能装束@三井記念美術館(07.24-09.21)
江戸妖怪大図鑑@太田記念美術館(07.01-09.25)
再発見!竹久夢二の世界@竹久夢二美術館(07.04-09.28)
日本SF展・SFの国@世田谷文学館(07.19-09.28)
進化するだまし絵 だまし絵II@Bunkamura(08.09-10.05)
宗像大社国宝展@出光美術館(08.16-10.13)
【中部・東海】
パスキン@岐阜県美術館(07.08-08.24)
奇なるものへの挑戦@岐阜県博物館(07.04-08.31)
ドラゴンボールで科学する!@名古屋市科学館(07.16-08.31)
アニマルワールド@静岡県立美術館(07.29-09.07)
ポール・デルヴォーとベルギー近代絵画@ヤマザキマザック美術館(06.14-09.23)
【近畿】
遥かなるメソポタミア@大阪府立弥生文化博物館(07.08-08.31)
海洋堂フィギュアワールド@美術館「えき」KYOTO(08.01-08.31)
バルテュス展@京都市美術館(07.05-09.07)
国宝 醍醐寺のすべて@奈良国立博物館(07.19-09.15)
伊藤若冲の名宝展@承天閣美術館(06.15-09.23)

7月に一気に東京で美術鑑賞したので8月は控えめに。
とは言っても,奈良と京都に遠征するのですけれど。
「バルテュス展」と「国宝 醍醐寺のすべて」は行くつもり。
「伊藤若冲の名宝展」も気になります。
名古屋は相変わらず微妙な感じ。
「ポール・デルヴォーと近代絵画」は早めに行きたいところですけれどね。
静岡の「アニマルワールド」は面白そう。
但し,静岡まで足を延ばすとなると二の足を踏んでしまいます。
余力があれば行きたいところではありますけれど。
岐阜の「奇なるものへの挑戦」も楽しそうなんだよなあ。
時間の都合と検討してみたいと思います。

posted by 森山 樹 at 10:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 鑑賞予定

2014年07月05日

2014年7月美術展観賞予定

現在開催中の興味ある美術展は以下の通り。
【関東】
徒然草@サントリー美術館(06.11-07.21)
デュフィ展@東急bunkamura(06.07-07.27)
鉄斎 TESSAI@出光美術館(06.14-08.03)
トルコ@東洋文庫ミュージアム(04.23-08.10)
台北 國立故宮博物院展@東京国立博物館(06.24-09.15)
メトロポリタン美術館 古代エジプト展@東京都美術館(07.19-09.23)
ヴァロットン展@三菱一号館美術館(06.14-09.23)
江戸妖怪大図鑑@太田記念美術館(07.01-09.25)
書と絵画の共演@センチュリーミュージアム(07.07-09.27)
再発見! 竹久夢二の世界@竹久夢二美術館(07.04-09.28)
日本SF展・SFの国@世田谷文学館(07.19-09.28)
太古の哺乳類展@国立科学博物館(07.12-10.05)
オルセー美術館展@国立新美術館(07.09-10.20)
【中部・東海】
法隆寺展@静岡市美術館(06.14-07.27)
パスキン@岐阜県美術館(07.08-08.24)
奇なるものへの挑戦@岐阜県博物館(07.04-08.31)
ポール・デルヴォーとベルギー近代絵画@ヤマザキマザック美術館(06.14-09.23)
【近畿】
華麗なる貴族コレクション@あべのハルカス美術館(05.31-07.21)
バルテュス展@京都市美術館(07.05-09.07)

東京での美術展がかなり充実。
遠征予定があるので効率的に鑑賞したいと思います。
とりあえず巡回展があるものは後回しかなあ。
それでもかなり混雑が予想されるので覚悟しないとね。
それだけ素晴らしい美術展ということでもありましょう。
岐阜の美術展と博物展もかなり楽しみ。
特に「奇なるものへの挑戦」は見逃したらいけない気がします。
何とか足を延ばしてみたいところ。
ドライブするにはちょうどいい距離ではありますね。
東海と関西の美術展は相変わらず低調だなあ。
「華麗なる貴族コレクション」だけでも早く行きたいところではあります。
意外に会期が迫っていて焦り気味です。
これを見逃すのは流石に辛いですからねえ。
posted by 森山 樹 at 07:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 鑑賞予定

2014年06月08日

2014年6月美術展観賞予定

現在開催中の興味ある美術展は以下の通り。
【関東】
バルテュス展@東京都美術館(04.19-06.22)
オランダ・ハーグ派展@東郷青児損保ジャパン美術館(04.19-06.29)
ルドルフ・シュタイナー展@ワタリウム美術館(03.23-07.13)
徒然草@サントリー美術館(06.11-07.11)
クールな男とおしゃれな女@山種美術館(05.17-07.13)
デュフィ展@Bunkamura(06.07-07.27)
法隆寺展@静岡市美術館(06.14-07.27)
トルコ@東洋文庫ミュージアム(04.23-08.10)
ポール・デルヴォーとベルギー近代絵画@ヤマザキマザック美術館(06.14-09.23)
【中部・東海】
シャガール展@愛知県美術館(04.17-06.08)
ボストン美術館 ミレー展@名古屋ボストン美術館(04.19-08.31)
【近畿】
華麗なる貴族コレクション@あべのハルカス美術館(05.31-07.21)
珠玉の洋画コレクション展@山王美術館(03.01-07.31)

夏休み前ということでちょっと控えめな感じ。
名古屋の「シャガール展」と「ミレー展」は観賞済みです。
関東と関西への遠征はとりあえずなし。
北海道に旅行するので,彼の地の美術館に行けたらいいな。
「華麗なる貴族コレクション」は早めに鑑賞したいところですね。
「ポール・デルヴォーとベルギー近代絵画」も楽しみ。
いろいろばたばたしていますが,時間を見つけて行きたいものです。
感想も滞りがちなので進めていかないとなあ。
夏の東京遠征の為にも計画を立案しないといけません。
posted by 森山 樹 at 09:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 鑑賞予定

2014年05月07日

2014年度美術展観賞予定

年度初めからまとめたかった2014年度の美術展観賞予定。
漸くまとめることが出来ました。
自分の行動範囲内に限定であります。

【関東】
2014.04.08-06.15 ジャック・カロ@国立西洋美術館
2014.04.19-06.22 バルテュス展@東京都美術館
2014.04.19-06.29 オランダ ハーグ派展@損保ジャパン東郷青児美術館
2014.07.08-08.31 発明王エジソン展@東京富士美術館
2014.07.08-09.15 指輪@国立西洋美術館
2014.07.19-09.23 メトロポリタン美術館 古代エジプト展@東京都美術館
2014.06.24-09.25 台北 国立故宮博物院展@東京国立博物館
2014.07.01-09.25 江戸妖怪大図鑑@太田記念美術館
2014.07.12-10.05 太古の哺乳類展@国立科学博物館
2014.08.16-10.13 宗像大社国宝展@出光美術館
2014.07.19-10.20 オルセー美術館展@国立新美術館
2014.09.06-11.09 印象派のふるさと ノルマンディ展@損保ジャパン東郷青児美術館
2014.10.01-11.24 歌川国貞@太田記念美術館
2014.10.04-11.24 東山御物の美@三井記念美術館
2014.10.11-12.07 高野山の名宝@サントリー美術館
2014.10.15-12.07 日本国宝展@東京国立博物館
2014.10.11-12.14 ウフィツィ美術館展@東京都美術館
2014.10.25-12.26 ジョルジュ・デ・キリコ展@パナソニック汐留ミュージアム
2015.01.10-02.15 物語絵@出光美術館
2015.01.14-03.29 新印象派@東京都美術館
2015.01.14-04.05 みちのくの仏像@東京国立博物館
【東海】
2014.03.19-06.08 発掘! モンゴル大恐竜展@名古屋市科学館
2014.04.17-06.08 シャガール展@愛知県美術館
2014-06.14-07.27 法隆寺展@静岡市美術館
2014.04.19-08.31 ミレー展@名古屋ボストン美術館
2014.07.29-09.07 アニマル・ワールド@静岡県立美術館
2014.09.20-11.16 美少女の美術史@静岡県立美術館
2014.09.20-11.30 美術する身体@名古屋ボストン美術館
2014.10.09-12.07 デュフィ展@愛知県美術館
2015.01.10-03.22 だまし絵II@名古屋市美術館
2015.02.03-04.05 ロイヤル・アカデミー展@愛知県美術館
2015.01.02-05.10 華麗なるジャポニスム@名古屋ボストン美術館
【関西】
2014.04.05-06.01 武家のみやこ・鎌倉の仏像@奈良国立博物館
2014.04.22-06.15 南山城の巡礼@京都国立博物館
2014.05.31-07.21 華麗なる貴族コレクション@あべのハルカス美術館
2014.07.05-09.07 バルテュス展@京都市美術館
2014.07.19-09.15 国宝 醍醐寺のすべて@奈良国立博物館
2014.07.19-10.13 こども展@大阪市立美術館
2014.09.13-11.16 京へのいざない@京都国立博物館
2014.10.17-11.24 鳥獣戯画と高山寺@京都国立博物館
2014.10.28-12.07 うた・ものがたりのデザイン@大阪市立美術館
2014.10.10-01.12 新印象派@あべのハルカス美術館
2014.10.13-01.12 メトロポリタン美術館 古代エジプト展@神戸市立博物館
2015.01.02-02.15 山陰の古刹・島根鰐淵寺の名宝@京都国立博物館
2015.01.23-03.08 高野山の名宝@あべのハルカス美術館
2015.01.31-05.10 チューリヒ美術館展@神戸市立博物館

例年以上に鑑賞したい美術展が多いです。
東京遠征を何度か企てないと行けなさそう。
夏,秋,冬に各一度ずつくらいかなあ。
それでも見逃す美術展は相当数ありそうです。
東海と関西は極力全ての美術展を鑑賞するつもり。
但し,此方も結構厳しい。
効率のよい鑑賞計画を立てねばなりません。
嬉しい悲鳴ではあるのですけれどね。
先ずは優先順位をつけるところからだなあ。
posted by 森山 樹 at 21:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 鑑賞予定

2014年05月04日

2014年5月美術展観賞予定

現在開催中の興味ある美術展は以下の通り。
【関東】
ジャック・カロ−リアリズムと奇想の劇場@国立西洋美術館(04.08-06.15)
のぞいてびっくり江戸絵画@サントリー美術館(03.29-05.11)
大江戸と洛中@江戸東京博物館(03.18-05.11)
栄西と建仁寺@東京国立博物館(03.25-05.18)
ミラノ ポルディ・ペッツォーリ美術館 華麗なる貴族コレクション@Bunkamura(04.04-05.25)
バルテュス展@東京都美術館(04.19-06.22)
オランダ・ハーグ派展@東郷青児損保ジャパン美術館(04.19-06.29)
【中部・東海】
ア・ターブル−ごはんだよ! 食をめぐる美の饗宴−@三重県立美術館(03.01-05.06)
大浮世絵展@名古屋市博物館(03.11-05.06)
モンゴメリと花子の赤毛のアン展@JR名古屋高島屋(05.01-05.12)
道教・仏教と人物の書画@澄懐堂美術館(03.02-06.08)
シャガール展@愛知県美術館(04.17-06.08)
ボストン美術館 ミレー展@名古屋ボストン美術館(04.19-08.31)
【近畿】
武家のみやこ 鎌倉の仏像@奈良国立博物館(04.05-06.01)
珠玉の洋画コレクション展@山王美術館(03.01-07.31)

「大浮世絵展」と「モンゴメリと花子の赤毛のアン展」は鑑賞済み。
今月はやや低調な美術鑑賞活動となりそうです。
関東にも関西にも遠征の予定は現段階では特段なし。
東京には行けたら行きたいところではありますけれども。
「シャガール展」と「ミレー展」はなるべく早めに鑑賞したいところ。
どちらも人気があるので人出は覚悟しないといけません。
一番いいのは平日に観賞することでしょうねえ。
情報収集は怠らないようにしようと思います。
特に夏季休暇の旅行は可能な限り美術展の開催に合わせたいところです。
興味の枠を広げるというも今後の課題のひとつかな。
やはり西洋画偏重ということは否めません。
posted by 森山 樹 at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 鑑賞予定

2014年04月06日

2014年4月美術展観賞予定

現在開催中の興味ある美術展は以下の通り。
【関東】
ジャック・カロ−リアリズムと奇想の劇場@国立西洋美術館(04.08-06.15)
のぞいてびっくり江戸絵画@サントリー美術館(03.29-05.11)
大江戸と洛中@江戸東京博物館(03.18-05.11)
栄西と建仁寺@東京国立博物館(03.25-05.18)
ミラノ ポルディ・ペッツォーリ美術館 華麗なる貴族コレクション@Bunkamura(04.04-05.25)
オランダ・ハーグ派展@東郷青児損保ジャパン美術館(04.19-06.29)
【中部・東海】
ア・ターブル−ごはんだよ! 食をめぐる美の饗宴−@三重県立美術館(03.01-05.06)
大浮世絵展@名古屋市博物館(03.11-05.06)
道教・仏教と人物の書画@澄懐堂美術館(03.02-06.08)
シャガール展@愛知県美術館(04.17-06.08)
ボストン美術館 ミレー展@名古屋ボストン美術館(04.19-08.31)
【近畿】
東大寺@あべのハルカス美術館(03.22-05.18)
山の神仏 吉野・熊野・高野@大阪市立美術館(04.08-06.01)
夢見るフランス絵画展@兵庫県立美術館(04.12-06.01)
武家のみやこ 鎌倉の仏像@奈良国立博物館(04.05-06.01)
珠玉の洋画コレクション展@山王美術館(03.01-07.31)

東海地区で楽しみな美術展が幾つかあるのは僥倖。
「大浮世絵展」「シャガール展」「ミレー展」には絶対に行かねばなりますまい。
特に「ミレー展」はバルビゾン派好きとしては大変期待の美術展であります。
「大浮世絵展」もかなり面白そう。
「シャガール展」も何度行っても飽きることがありません。
関西方面では「東大寺」は是非とも行ってみたい。
あべのハルカス美術館そのものにも興味があるのですよね。
ちょっと遠いけれど兵庫の「夢見るフランス絵画展」も可能ならば。
関東方面は流石に今月の遠征予定はありません。
面白そうな美術展は多いから行きたいのですけれどね。
何とか5月か6月には計画してみたいと思います。
posted by 森山 樹 at 09:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 鑑賞予定

2014年03月05日

2014年3月美術展観賞予定

現在開催中の興味ある美術展は以下の通り。
【関東】
kawaii日本美術@山種美術館(01.03-03.02)
モネ,風景を見る眼@国立西洋美術館(12.07-03.09)
シャヴァンヌ展@Bunkamuraザ・ミュージアム(01.02-03.09)
追憶の広重 浮世絵歴史散歩@太田記念美術館(03.01-03.23)
世紀の日本画@東京都美術館(01.25-04.01)
ラファエル前派@森アーツセンターギャラリー(01.25-04.06)
仏教 アジアをつなぐダイナミズム@東洋文庫ミュージアム(01.11-04.13)
画家の目,彫刻家の手@ブリヂストン美術館(01.18-04.13)
ザ・ビューティフル 英国の唯美主義1860-1900@三菱一号館美術館(01.30-05.06)
イメージの力@国立新美術館(02.19-06.09)
【中部・東海】
モローとルオー 聖なるものの継承と変容@松本市美術館(12.20-03.23)
20世紀フランス絵画展@パラミタミュージアム(02.08-03.31)
印象派を超えて 点描の画家たち@愛知県美術館(02.25-04.06)
ア・ターブル−ごはんだよ! 食をめぐる美の饗宴−@三重県立美術館(03.01-05.06)
大浮世絵展@名古屋市博物館(03.11-05.06)
道教・仏教と人物の書画@澄懐堂美術館(03.02-06.08)
【近畿】
円山応挙展@承天閣美術館(12.21-03.23)
百人一首を彩る女流歌人たち@小倉百人一首殿堂時雨殿(01.05-03.30)
幻想の画家ダリとフランス近代絵画の巨匠たち@滋賀県立近代美術館(02.08-03.30)
光の賛歌 印象派展@京都文化博物館(03.11-05.11)
珠玉の洋画コレクション展@山王美術館(03.01-07.31)

3月初旬に東京遠征をしてきました。
よって,関東地方の上記の美術展は全て観賞済みであります。
大変充実した美術館賞をすることが出来ました。
松本市美術館の「モローとルオー」も遠征予定。
愛知県でも楽しみな美術展が幾つかあるのは嬉しいです。
何かと忙しいので早めに観賞しておきたいところ。
滋賀の「幻想の画家ダリとフランス近代絵画の巨匠たち」も楽しそう。
問題は大津まで行く余裕がなさそうということでしょうか。
絶対に自分好みの美術展の筈なんだけどなあ。
京都に行く予定があるのでついでに寄れたらなあと思います。
ちょっと無理めかもしれませんけれども。
posted by 森山 樹 at 21:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 鑑賞予定

2014年02月02日

2014年2月美術展観賞予定

現在開催中の興味ある美術展は以下の通り。
【関東】
クリーブランド美術館展 名画でたどる日本の美@東京国立博物館(01.15-02.23)
大浮世絵展@江戸東京博物館(01.02-03.02) ※名古屋巡回
kawaii日本美術@山種美術館(01.03-03.02)
十二ヶ月図の世界@講談社野間記念館(01.11-03.02)
モネ,風景を見る眼@国立西洋美術館(12.07-03.09)
シャヴァンヌ展@Bunkamuraザ・ミュージアム(01.02-03.09)
星を賣る店 クラフト・エヴィング商會のおかしな展覧会@世田谷文学館(01.25-03.30)
ルノワール礼賛@ポーラ美術館(12.01-04.06)
ラファエル前派@森アーツセンターギャラリー(01.25-04.06)
画家の目,彫刻家の手@ブリヂストン美術館(01.18-04.13)
ザ・ビューティフル 英国の唯美主義1860-1900@三菱一号館美術館(01.30-05.06)
イメージの力@国立新美術館(02.19-06.09)
【中部・東海】
文字のチカラ@名古屋市博物館(01.04-02.16)
モローとルオー 聖なるものの継承と変容@松本市美術館(12.20-03.23)
シャガール展@静岡市美術館(01.02-03.30) ※名古屋巡回
20世紀フランス絵画展@パラミタミュージアム(02.08-03.31)
【近畿】
ミュシャが見たパリ@アルフォンス・ミュシャ館(11.16-03.09)
百人一首を彩る女流歌人たち@小倉百人一首殿堂時雨殿(01.05-03.30)

相変わらず,東京方面の美術展が充実しています。
何とか2月中には一度遠征を試みたいもの。
一方でそれ以外の地域は不作が続いています。
もう少し何とかならないものかなあ。
東海地方は半分諦め気味ですが,関西方面もいまいち感が強いです。
特に西洋画系の美術展は全くなさそうというのが残念。
来年度に期待するしかないのですかね。
posted by 森山 樹 at 15:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 鑑賞予定

2014年01月06日

2014年1月美術展鑑賞予定

現在開催中の興味ある美術展は以下の通り。
【関東】
天上の舞,飛天の美@サントリー美術館(11.23-01.13)
クリーブランド美術館展 名画でたどる日本の美@東京国立博物館(01.15-02.23)
大浮世絵展@江戸東京博物館(01.02-03.02) ※名古屋巡回
kawaii日本美術@山種美術館(01.03-03.02)
十二ヶ月図の世界@講談社野間記念館(01.11-03.02)
モネ,風景を見る眼@国立西洋美術館(12.07-03.09)
シャヴァンヌ展@Bunkamuraザ・ミュージアム(01.02-03.09)
ルノワール礼賛@ポーラ美術館(12.01-04.06)
【中部・東海】
美女! 悪女! 烈女!@中山道広重美術館(12.12-01.19)
文字のチカラ@名古屋市博物館(01.04-02.16)
モローとルオー 聖なるものの継承と変容@松本市美術館(12.20-03.23)
ボストン美術館 浮世絵名品展 北斎@名古屋ボストン美術館(12.21-03.23)
シャガール展@静岡市美術館(01.02-03.30) ※名古屋巡回
【近畿】
ミュシャが見たパリ@アルフォンス・ミュシャ館(11.16-03.09)

関東方面が充実しているのに遠征する余力がないのが無念。
会期に多少余裕があるものが多いので来月の遠征も計画してみます。
来月は来月で結構忙しいのですけれどね。
近畿の美術展は相変わらず興味をそそらないものばかりだなあ。
確実に行くと断言できる美術展に欠ける一か月になりそうです。
長野旅行をするのならば松本市美術館には行くのだけれども。
後は名古屋ボストン美術館と名古屋市博物館くらいですかね。
やや出鼻を挫かれる印象の強い一か月になりそうです。
2013年の美術展感想を書く良い機会とも言えるかもしれません。
posted by 森山 樹 at 07:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 鑑賞予定

2013年12月02日

2013年12月美術展鑑賞予定

現在開催中の興味ある美術展は以下の通り。
【関東】
天上の舞,飛天の美@サントリー美術館(11.23-01.13)
モネ,風景を見る眼@国立西洋美術館(12.07-03.09)
【中部・東海】
美女! 悪女! 烈女!@中山道広重美術館(12.12-01.19)
モローとルオー 聖なるものの継承と変容@松本市美術館(12.20-03.23)
ボストン美術館 浮世絵名品展 北斎@名古屋ボストン美術館(12.21-03.23)
【近畿】
円山応挙展@承天閣美術館(10.11-12.15)
夏目友人帳原画展 緑川ゆきの世界@大丸心斎橋店(11.27-12.16)
文学と美術の出会い@大和文華館(11.22-12.26)
クヴィエタ・パツォウスカーとチェコの絵本展@美術館「えきKYOTO」(12.06-12.27)
ミュシャが見たパリ@アルフォンス・ミュシャ館(11.16-03.09)

年末ということもあるのか,いまいち低調な一か月。
関東方面のは11月にあらかた鑑賞してしまいましたしね。
来年も何度かは遠征を企てたいものであります。
優先順位が高いのは「夏目友人帳原画展」かなあ。
大阪遠征を厭わないつもりでおります。
後はちょっと微妙な感じ。
松本市美術館の「モローとルオー」は年明けに旅行がてら行くつもり。
たまっている美術展感想を書くことに専念する一か月になるかもしれません。
それはそれでやらなければならないのだけれども。
posted by 森山 樹 at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 鑑賞予定

2013年11月05日

2013年11月美術展鑑賞予定

現在開催中の興味ある美術展は以下の通り。
【関東】
トスカーナと近代絵画@損保ジャパン東郷青児美術館(09.07-11.10)
ミケランジェロ展@国立西洋美術館(09.06-11.17)
バルビゾンへの道@Bunkamuraザ・ミュージアム(10.20-11.18)
泉鏡花展@神奈川近代文学館(10.05-11.24)
上海博物館 中国絵画の至宝@東京国立博物館(10.01-11.24)
笑う浮世絵@太田記念美術館(10.01-11.26)
京都 洛中洛外図と障壁画の美@東京国立博物館(10.08-12.01)
ターナー展@東京都美術館(10.08-12.18)
カイユボット展@ブリヂストン美術館(10.10-12.29)
近代への眼差し 印象派と世紀末美術@三菱一号館美術館(10.05-.01.05)
遣唐使は見た!@横浜ユーラシア文化館(11.01-01.13)
【東海】
観世宗家展@名古屋松坂屋美術館(10.19-11.24)
日本画を彩った巨匠たち@名古屋ボストン美術館(10.19-12.01)
夢幻能@徳川美術館(11.09-12.13)
【近畿】
京都・美のタイムカプセル@京都文化博物館(09.12-12.01)
海@京都大学総合博物館(07.31-12.01)
円山応挙展@承天閣美術館(10.11-12.15)
ミュシャが見たパリ@アルフォンス・ミュシャ館(11.16-03.09)

関東地区に挙げた美術展は既に鑑賞済み。
3日間でこれだけ回ると流石に充実感があります。
疲労もそれだけ重ねていますけれどね。
それでもなお見逃した美術展があるのは残念。
全部を鑑賞出来るわけではないので仕方ないです。
東海と近畿は相変わらず低調な感じが否めません。
なかなか自分好みの美術展というのも少ないですね。
名古屋の能に関するふたつの美術展はちょっと興味があります。
まあ,能という芸能分野そのものへの造詣はまるでないのですけれども。
京都の円山応挙展は春先に名古屋で開催されたものとは別かな。
可能ならば鑑賞してみたいと思っています。
posted by 森山 樹 at 06:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 鑑賞予定

2013年10月04日

2013年10月美術展鑑賞予定

現在開催中の興味ある美術展は以下の通り。
【関東】
素朴派とアウトサイダーズの世界@世田谷美術館(09.14-11.10)
トスカーナと近代絵画@損保ジャパン東郷青児美術館(09.07-11.10)
ミケランジェロ展@国立西洋美術館(09.06-11.17)
興福寺仏頭展@東京藝術大学美術館(09.03-11.24)
笑う浮世絵@太田記念美術館(10.01-11.26)
ウィリアム・モリス@府中市美術館(09.14-12.01)
京都 洛中洛外図と障壁画の美@東京国立博物館(10.08-12.01)
明治のこころ@江戸東京博物館(09.14-12.08)
古代の楽園−神話,来世,桃源郷……@古代オリエント博物館(10.05-12.08)
モローとルオー@パナソニック汐留ミュージアム(09.07-12.10)
ターナー展@東京都美術館(10.08-12.18)
印象派を超えて@国立新美術館(10.04-12.23)
マルコ・ポーロとシルクロード世界遺産の旅@東洋文庫ミュージアム(08.07-12.26)
カイユボット展@ブリヂストン美術館(10.10-12.29)
近代への眼差し 印象派と世紀末美術@三菱一号館美術館(10.05-.01.05)
【東海】
エミール・クラウスとベルギーの印象派@碧南市藤井達吉現代美術館(09.14-10.20)
歌仙 王朝美人への憧れ@徳川美術館(09.28-11.04)
斎宮誕生@斎宮歴史博物館(10.05-11.10)
【近畿】
貴婦人と一角獣展@国立国際美術館(07.27-10.20)
北魏 石造仏教彫刻の展開@大阪市立美術館(09.07-10.20)
ミュシャの横顔@アルフォンス・ミュシャ館(07.13-11.10)
ヴィクトリア時代の室内装飾@LIXILギャラリー大阪(08.25-11.19)
京都・美のタイムカプセル@京都文化博物館(09.12-12.01)
海@京都大学総合博物館(07.31-12.01)
仏の美術@泉屋博古館(09.07-12.20)

特に東京の美術展の充実度が素晴らしい。
今月か来月には必ず遠征をしようと思います。
どれも見逃したくない美術展ばかりなのですよね。
財政的には厳しいですが,興味を優先させたいと思います。
見逃したくないと言えば大阪の「貴婦人と一角獣展」。
此方も会期終了が迫っているので急がないといけません。
ついでに京都辺りにも行けたらいいのですけれどね。
残念ながら東海地方では目ぼしい美術展に欠けています。
何処も「愛知トリエンナーレ」からみの展示ばかりですからね。
現代芸術にそれ程関心のない身には辛いものがあります。
posted by 森山 樹 at 07:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 鑑賞予定

2013年09月02日

2013年9月美術展鑑賞予定

現在開催中の興味ある美術展は以下の通り。
【関東】
トスカーナと近代絵画@損保ジャパン東郷青児美術館(09.07-11.10)
ミケランジェロ展@国立西洋美術館(09.06-11.17)
明治のこころ@江戸東京博物館(09.14-12.08)
マルコ・ポーロとシルクロード世界遺産の旅@東洋文庫ミュージアム(08.07-12.26)
モローとルオー@パナソニック汐留ミュージアム(09.07-12.10)
ウィリアム・モリス@府中市美術館(09.14-12.01)
興福寺仏頭展@東京藝術大学美術館(09.03-11.24)
【東海】
夏の思い出 森の夢 不思議ないきものたち@ヤマザキマザック美術館(07.19-09.29)
世界を変えた書物展@名古屋市科学館(09.13-09.29)
エミール・クラウスとベルギーの印象派@碧南市藤井達吉現代美術館(09.14-10.20)
【近畿】
貴婦人と一角獣展@国立国際美術館(07.27-10.20)
北魏 石造仏教彫刻の展開@大阪市立美術館(09.07-10.20)
ヴィクトリア時代の室内装飾@LIXILギャラリー大阪(08.25-11.19)
京都・美のタイムカプセル@京都文化博物館(09.12-12.01)
仏の美術@泉屋博古館(09.07-12.20)
海@京都大学総合博物館(07.31-12.01)

秋の美術展直前の端境期ということなのか,やや低調な感じは否めず。
東京の「ミケランジェロ展」や「トスカーナと近代絵画」は楽しみだけどね。
流石に二か月連続で東京に行く余力はありません。
会期の余裕があるので10月に遠征出来ればなあと思っています。
東海と近畿もいまいち微妙かなあ。
「世界を変えた書物展」なんて如何にも楽しみだけどね。
会期が短めなので忘れないようにしたいと思います。
近畿ではやはり「貴婦人と一角獣展」に尽きます。
何とか今月中には鑑賞したいものですが,どうなることかなあ。
「ヴィクトリア時代の室内装飾」も趣味的にたまらないところではあります。
幾つかでも美術展を訪れたいなあと思います。
徐々に感想も書いていかないとですけれどね。
posted by 森山 樹 at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 鑑賞予定

2013年08月05日

2013年8月美術展鑑賞予定

現在開催中の興味ある美術展は以下の通り。
【関東】
江戸の美男子 若衆・二枚目・伊達男@太田記念美術館(07.02-08.25)
谷文晁@サントリー美術館(07.03-08.25)
〈遊ぶ〉シュルレアリスム@損保ジャパン東郷青児美術館(07.09-08.25)
LOVE展 アートに見る愛の形@森美術館(04.26-09.01)
大妖怪展@三井記念美術館(07.06-09.01)
曼荼羅展@根津美術館(07.27-09.01)
浮世絵Floating World@三菱一号館美術館(06.22-09.08)
色を見る,色を楽しむ@ブリジストン美術館(06.22-09.18)
ルーヴル美術館展−地中海四千年の物語@東京都美術館(07.20-9.23)
国貞美人画の変遷展@礫川浮世絵美術館(07.02-09.25)
トーヴェ・ヤンソンの夏の家@ギャラリーA4(07.12-09.30)
深海 挑戦の歩みと驚異の生き物たち@国立科学博物館(07.06-10.06)
【東海】
フランシス・ベーコン展@豊田市美術館(06.08-09.01)
深海たんけん!@名古屋市科学館(07.20-09.01)
【近畿】
海を越える美術@大和文華館(07.05-08.18)
羽海野チカ原画展@京都大丸ミュージアム(08.07-08.19)
遊び@京都国立博物館(07.13-08.25)
奇跡のクラーク・コレクション@兵庫県立美術館(06.08-09.01)
博物館はおばけやしき@兵庫県立歴史博物館(07.13-09.01)
虫と魚の美術館@逸翁美術館(07.13-09.08)
ヱヴァンゲリヲンと日本刀展@大阪歴史博物館(07.03-09.16)
みほとけのかたち@奈良国立博物館(07.20-09.16)
曽我蕭白と中近世美術の精華@奈良県立美術館(08.03-09.22)
貴婦人と一角獣展@国立国際美術館(07.27-10.20)

東京と関西で鑑賞したい美術展が目白押し。
関西行きは確定したので幾つかは最低でも鑑賞してきます。
会期に余裕はあるけれど「貴婦人と一角獣展」が最優先かなあ。
「ヱヴァンゲリヲンと日本刀展」も興味を惹かれるけどね。
後は「遊び」も気になるところかなあ。
東海では「深海たんけん!」は鑑賞することが確定です。
久しぶりにプラネタリウムも体験できそうなので楽しみ。
問題は東京遠征よね。
「大妖怪展」に「ルーヴル美術館展」は是非とも鑑賞したいもの。
国立科学博物館の「深海」も絶対に楽しい筈。
財政及び余暇と相談して可能な限り遠征したいと思います。
なるべくなら見逃したくないものね。
posted by 森山 樹 at 07:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 鑑賞予定

2013年07月07日

2013年7月美術展鑑賞予定

現在開催中の興味ある美術展は以下の通り。
【関東】
江戸の美男子 若衆・二枚目・伊達男@太田記念美術館(07.02-08.25)
〈遊ぶ〉シュルレアリスム@損保ジャパン東郷青児美術館(07.09-08.25)
LOVE展 アートに見る愛の形@森美術館(04.26-09.01)
大妖怪展@三井記念美術館(07.06-09.01)
色を見る,色を楽しむ@ブリジストン美術館(06.22-09.18)
ルーヴル美術館展−地中海四千年の物語@東京都美術館(07.20-9.23)
トーヴェ・ヤンソンの夏の家@ギャラリーA4(07.12-09.30)
深海 挑戦の歩みと驚異の生き物たち@国立科学博物館(07.06-10.06)
【東海】
ポール・デルヴォー展@浜松市美術館(-07.15)
はじめての美術 絵本原画の世界2013@名古屋市美術館(06.15-07.21)
オディロン・ルドン 夢の起源@静岡市美術館(06.29-08.25)
フランシス・ベーコン展@豊田市美術館(06.08-09.01)
深海たんけん!@名古屋市科学館(07.20-09.01)
【近畿】
ヱヴァンゲリヲンと日本刀展@大阪歴史博物館(07.03-09.16)
アマゾンの生き物文化@国立民族学博物館(05.23-08.13)
海を越える美術@大和文華館(07.05-08.18)
遊び@京都国立博物館(07.13-08.25)
奇跡のクラーク・コレクション@兵庫県立美術館(06.08-09.01)
博物館はおばけやしき@兵庫県立歴史博物館(07.13-09.01)
虫と魚の美術館@逸翁美術館(07.13-09.08)
貴婦人と一角獣展@国立国際美術館(07.27-10.20)

6月は美術展鑑賞活動をすることは出来ず。
夏休み直前ということで狭間の時期といった印象が強いです。
行きたい美術展も幾つかあったのですけれどねえ。
もっと頻繁に東京遠征が出来ればよいのですけれども。
7月からは外出機会も増えそうなので美術展にも積極的に足を運ぶ予定。
先ずは浜松の「ポール・デルヴォー展」と静岡の「オディロン・ルドン」かな。
豊田の「フランシス・ベーコン展」も合わせて行ければいいなあ。
近畿の美術展は8月に鑑賞旅行をするつもり。
特に期待は「貴婦人と一角獣展」ですね。
ちょっと遠いけれど姫路の「博物館はおばけやしき」も可能なら行きたい。
京都国立博物館の「遊び」も興味深そうな展示であります。
東京にも可能ならば8月中には行っておきたいところ。
少しでも多くの美術展鑑賞が出来るように頑張りたいものです。
仕事の都合次第という点が否めないのが残念ではありますけれども。
posted by 森山 樹 at 09:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 鑑賞予定

2013年06月02日

2013年6月美術展鑑賞予定

現在開催中の興味ある美術展は以下の通り。

【関東】
オディロン・ルドン 夢の起源@損保ジャパン東郷青児美術館(〜06.23)
北斎と暁斎 奇想の漫画@太田記念美術館(〜06.26)
レオナルド・ダ・ヴィンチ 天才の肖像@東京都美術館(〜06.30)
魔性の女 挿絵展@弥生美術館(〜06.30)
貴婦人と一角獣展@国立新美術館(〜07.15)
江戸絵画の奇跡@東京江戸博物館(〜07.15)
エミール・クラウスとベルギーの印象派@東京ステーション・ギャラリー(06.08〜07.15)
マリ・アントワネットと東洋の貴婦人@東洋文庫ミュージアム(〜07.28)
【東海】
悠久のペルシア・錦と陶の美7000年@浜松市楽器博物館(〜06.30)
ポール・デルヴォー展@浜松市美術館(〜07.15)
はじめての美術 絵本原画の世界2013@名古屋市美術館(06.15〜07.21)
フランシス・ベーコン展@豊田市美術館(06.08〜09.01)

近畿地方で興味を引く美術展がないのがちょっと残念。
夏休み前の一休止といった感じなのかなあ。
関東は相変わらず行きたい美術展が多くて羨ましい。
ただ,行けるかどうかは微妙なんだよね。
と言うか,多分行けない可能性の方が高いです。
「貴婦人と一角獣展」みたいに巡回するものは問題ないんだけどね。
東海では漸く開催の「フランシス・ベーコン展」が一番の目玉。
会期はそれなりに長いけれど早めに行っておきたいところです。
岡崎から浜松に移動した「ポール・デルヴォー展」も可能なら是非。
後はそれ程でもないんだけど,「はじめての美術 絵本原画の世界2013」くらいかな。
幼い日に触れた絵本も多そうでそれなりに楽しめそうです。
幾つかでも行けるといいんだけどなあ。
夏休みに入ると人の入りも結構増えちゃいますからね。
posted by 森山 樹 at 14:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 鑑賞予定