2013年09月22日

「中国 王朝の至宝」感想

〈2013年美術展感想6展目〉
中国 王朝の至宝
会場:名古屋市博物館
会期:2013.04.24-06.23
観覧料:¥1,300
図録:未購入

 今年の4月に鑑賞した「中国 王朝の至宝」展の感想です。日本で言うところの国宝にあたる一級文物が展示の約6割を占めるという貴重な博物展でありました。出展数は約170点。今回の展示はほぼ同時代の都や地域に焦点を当てて代表的な文物の比較展示が行われたというのが特徴的。この対比を追うことで中国の文化史を展望することが出来るようになっています。なお,扱われる時代は夏・殷から宋代まで。古蜀と夏・殷,楚と斉・魯,秦と漢,北朝と南朝,唐の長安と洛陽,遼と宋の比較をもって展示は構成されています。展示物の数も多く,相当に見応えのある展示でありましたが,特に個人的には秦代の兵馬俑の実物を鑑賞することが出来たのは収穫でした。予てから是非見たいと願っていた文物なのですよね。想像よりも遙かに大きく,精緻な造形は迫力がありました。やはり写真では伝わらないものというのは確かに存在します。また,南朝の関中侯印の美しさも格別でありました。唐代以降は仏教の影響が大きくなってくるというのも面白い。また,比較展示ということで同時代の地域差というのも実感します。古蜀は黄金文化で夏・殷は青銅文化というのはその最たるものでありましょう。また,北方騎馬民族の遼と漢民族の宋での文化的な差異も実に楽しい。2008年に発見されたばかりの阿育王塔の日本初公開というのも嬉しかった。最新の発掘成果を感じられるというのは良いですね。展示のいずれもがまさしく歴代王朝の至宝といっても差し支えない文物ばかりで非常に楽しめました。やはり自分が中国史好きであることを再認識いたします。今後とも斯様な機会は逃さないようにしたいものであります。
posted by 森山 樹 at 12:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術展感想

2013年09月16日

「円山応挙展」感想

〈2013年美術展感想5展目〉
円山応挙展
会場:愛知県美術館
会期:2013.03.01-04.14
観覧料:¥1,300
図録:未購入

 今年の3月に鑑賞した「円山応挙展」の感想です。鑑賞してから半年が経過しておりますので,最早印象も薄れがちではありますけれども,一応記録として書きたいと思います。元々,日本画は自分の好みから外れていますので,それ程の知識はないのですけれど,円山応挙はその中でも別格に好きな画家であります。その理由は端的に言って幽霊画。今回の「円山応挙展」に幽霊画の展示はありませんでしたが,それでもやはり素直に楽しむことが出来ました。総展示数は入れ替え作品を含めて80余点。見応えのある数でありましょう。特に兵庫県大乗寺の客殿二間を再現した展示は圧巻。中国史に名を残す郭子儀が描かれているのも好みでした。写実性を重視した応挙の作風は素直に自分の好むところであります。神農を描いた作品は中国神話好きとしてはやはり嬉しい。また,「白狐図」や「柳下狗子図」の可愛らしさも印象に残りました。応挙の作品を真に楽しむにはまだまだ知識が足らないことを強烈に実感しましたが,それでもなお楽しむことが出来た美術展でありました。日本美術ももっと積極的に触れて行きたいものであります。これも年を重ねての嗜好の変化と言えるのかもしれません。
posted by 森山 樹 at 15:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術展感想

2013年09月09日

西洋美術史


西洋美術に関する基礎知識を得る為に購入しました。
以前の版も読んだことはあるのですけれどね。
美術の素養を身につけたいと思います。
東洋美術,日本美術への知識もその次にだなあ。
posted by 森山 樹 at 20:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術関係書籍

2013年09月02日

2013年9月美術展鑑賞予定

現在開催中の興味ある美術展は以下の通り。
【関東】
トスカーナと近代絵画@損保ジャパン東郷青児美術館(09.07-11.10)
ミケランジェロ展@国立西洋美術館(09.06-11.17)
明治のこころ@江戸東京博物館(09.14-12.08)
マルコ・ポーロとシルクロード世界遺産の旅@東洋文庫ミュージアム(08.07-12.26)
モローとルオー@パナソニック汐留ミュージアム(09.07-12.10)
ウィリアム・モリス@府中市美術館(09.14-12.01)
興福寺仏頭展@東京藝術大学美術館(09.03-11.24)
【東海】
夏の思い出 森の夢 不思議ないきものたち@ヤマザキマザック美術館(07.19-09.29)
世界を変えた書物展@名古屋市科学館(09.13-09.29)
エミール・クラウスとベルギーの印象派@碧南市藤井達吉現代美術館(09.14-10.20)
【近畿】
貴婦人と一角獣展@国立国際美術館(07.27-10.20)
北魏 石造仏教彫刻の展開@大阪市立美術館(09.07-10.20)
ヴィクトリア時代の室内装飾@LIXILギャラリー大阪(08.25-11.19)
京都・美のタイムカプセル@京都文化博物館(09.12-12.01)
仏の美術@泉屋博古館(09.07-12.20)
海@京都大学総合博物館(07.31-12.01)

秋の美術展直前の端境期ということなのか,やや低調な感じは否めず。
東京の「ミケランジェロ展」や「トスカーナと近代絵画」は楽しみだけどね。
流石に二か月連続で東京に行く余力はありません。
会期の余裕があるので10月に遠征出来ればなあと思っています。
東海と近畿もいまいち微妙かなあ。
「世界を変えた書物展」なんて如何にも楽しみだけどね。
会期が短めなので忘れないようにしたいと思います。
近畿ではやはり「貴婦人と一角獣展」に尽きます。
何とか今月中には鑑賞したいものですが,どうなることかなあ。
「ヴィクトリア時代の室内装飾」も趣味的にたまらないところではあります。
幾つかでも美術展を訪れたいなあと思います。
徐々に感想も書いていかないとですけれどね。
posted by 森山 樹 at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 鑑賞予定

2013年09月01日

2013年8月美術展鑑賞記録

2013年8月に鑑賞した美術展・博物展は以下の通り。
みほとけのかたち@奈良国立博物館
羽海野チカ原画展@京都大丸ミュージアム
大妖怪展@三井記念美術館
色を見る,色を楽しむ@ブリジストン美術館
浮世絵Floating World@三菱一号館美術館
ルーヴル美術館展@東京都美術館
〈遊ぶ〉シュルレアリスム展@損保ジャパン東郷青児美術館
深海@国立科学博物館
江戸の美男子@太田記念美術館
国貞美人画の変遷@礫川浮世絵美術館
幽霊画展@全生庵

関西と東京に一度ずつ遠征をして充実した一か月でありました。
絶対に鑑賞したかった美術展を漏らさなかったのは実に重畳であります。
今後も是非ともこうありたいもの。
特に「大妖怪展」と「ルーヴル美術館展」の満足度は格別なものがあります。
「ルーヴル美術館展」で鑑賞した麗しのアルテミス女神像はたまりませんでした。
地中海に焦点を当てた美術展という発想も面白いですよね。
「大妖怪展」は妖怪好きとしては素晴らしく楽しかった。
三井記念美術館は今回初めてだったのですが雰囲気が良い美術館ですね。
折に触れて足を運びたいと思います。
国立科学博物館の「深海」は開館と同時に入場したのでゆっくり鑑賞出来ました。
人出の多さが予想される美術展・博物展はこの手に限ります。
1時間待ちましたけれど,その甲斐は充分にあったというべきでしょう。
奇怪な深海生物の造形はある種の芸術品でありますね。
最近は浮世絵に魅力を感じているのか浮世絵関係の美術展も三つ鑑賞しました。
ただ,個人的には美人画や英雄画を見たかったというのが本音のところ。
歌川国芳や月岡芳年がやっぱり好きなんですよね。
風景画も悪くはないのですが,人物画程には心動かされません。
このあたりは西洋画とは嗜好の違いが明確で面白いなあと思います。
posted by 森山 樹 at 10:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術展鑑賞記録

2013年08月05日

2013年8月美術展鑑賞予定

現在開催中の興味ある美術展は以下の通り。
【関東】
江戸の美男子 若衆・二枚目・伊達男@太田記念美術館(07.02-08.25)
谷文晁@サントリー美術館(07.03-08.25)
〈遊ぶ〉シュルレアリスム@損保ジャパン東郷青児美術館(07.09-08.25)
LOVE展 アートに見る愛の形@森美術館(04.26-09.01)
大妖怪展@三井記念美術館(07.06-09.01)
曼荼羅展@根津美術館(07.27-09.01)
浮世絵Floating World@三菱一号館美術館(06.22-09.08)
色を見る,色を楽しむ@ブリジストン美術館(06.22-09.18)
ルーヴル美術館展−地中海四千年の物語@東京都美術館(07.20-9.23)
国貞美人画の変遷展@礫川浮世絵美術館(07.02-09.25)
トーヴェ・ヤンソンの夏の家@ギャラリーA4(07.12-09.30)
深海 挑戦の歩みと驚異の生き物たち@国立科学博物館(07.06-10.06)
【東海】
フランシス・ベーコン展@豊田市美術館(06.08-09.01)
深海たんけん!@名古屋市科学館(07.20-09.01)
【近畿】
海を越える美術@大和文華館(07.05-08.18)
羽海野チカ原画展@京都大丸ミュージアム(08.07-08.19)
遊び@京都国立博物館(07.13-08.25)
奇跡のクラーク・コレクション@兵庫県立美術館(06.08-09.01)
博物館はおばけやしき@兵庫県立歴史博物館(07.13-09.01)
虫と魚の美術館@逸翁美術館(07.13-09.08)
ヱヴァンゲリヲンと日本刀展@大阪歴史博物館(07.03-09.16)
みほとけのかたち@奈良国立博物館(07.20-09.16)
曽我蕭白と中近世美術の精華@奈良県立美術館(08.03-09.22)
貴婦人と一角獣展@国立国際美術館(07.27-10.20)

東京と関西で鑑賞したい美術展が目白押し。
関西行きは確定したので幾つかは最低でも鑑賞してきます。
会期に余裕はあるけれど「貴婦人と一角獣展」が最優先かなあ。
「ヱヴァンゲリヲンと日本刀展」も興味を惹かれるけどね。
後は「遊び」も気になるところかなあ。
東海では「深海たんけん!」は鑑賞することが確定です。
久しぶりにプラネタリウムも体験できそうなので楽しみ。
問題は東京遠征よね。
「大妖怪展」に「ルーヴル美術館展」は是非とも鑑賞したいもの。
国立科学博物館の「深海」も絶対に楽しい筈。
財政及び余暇と相談して可能な限り遠征したいと思います。
なるべくなら見逃したくないものね。
posted by 森山 樹 at 07:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 鑑賞予定

2013年08月04日

2013年7月美術展鑑賞記録

2013年7月に鑑賞した美術展は以下の通り。
ポール・デルヴォー展@浜松市美術館
オディロン・ルドン 夢の起源@静岡市美術館

静岡旅行の際に2つの美術展を鑑賞してきました。
最低限,鑑賞したい美術展は楽しめたかなあという印象です。
東京と関西にも遠征したいところではあるのだけれどね。
鑑賞した2つの美術展はいずれも満足度が非常に高いです。
特にポール・デルヴォー展は漸く行けたので感慨深いものがあります。
古代遺跡と電車と美女の織り成す世界観がたまりません。
習作多めで作品そのものはそれ程多くなかったけれどね。
妖艶で幻想的な雰囲気に浸ることが出来ました。
オディロン・ルドン展は一応2回目ということになるのかな。
今回は色彩豊かな作品の展示も多く目新しさがありました。
まあ,やっぱり黒で描かれた作品の方が好みではあるんだけど。
静岡市美術館は今回が初めてでしたが綺麗な施設ですね。
静岡駅前という立地も非常に便利。
結構好みの美術展を多く開催している印象があります。
いずれ,また再訪することになるでしょう。
posted by 森山 樹 at 09:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術展鑑賞記録

2013年07月20日

2013年上半期回顧録

上半期に鑑賞出来た美術展は全部で10展。
東京に遠征が出来なかったのは痛恨事。
地方在住の身が恨めしく思えます。
最近は東京開催のみの美術展が結構多いのですよね。
名古屋とは言わないまでも関西でもせめて開催して欲しいものであります。
近場に来た時には逃さず鑑賞することも肝要ですね。
『ラファエロ展』と『エル・グレコ展』を鑑賞出来なかったのが悔やまれます。
仕事が忙しかったので仕方がない部分もあるのですけれどね。
仕事に感けて趣味を疎かにするというのも困ったものです。

上半期で特に印象に残った美術展は『リヒテンシュタイン展』かなあ。
京都まで足を運んだ甲斐があったというもの。
『プーシキン美術館展』や『中国 王朝の秘宝』も素晴らしかったです。
日本画ではやはり『円山応挙展』かなあ。
何の気なしに行った『上村松園展』も意外に自分好みでありました。
『幽霊妖怪画大全集』も悪くなかったけれど,もう少し頑張って欲しかったなあ。
残酷画を含めた幽霊画は結構充実してはいたのですけれどね。

下半期は何とか少なくとも2度は東京遠征をしたいもの。
時期的には8月と10月か11月を考えています。
また,関西でも好みの美術展は結構あるので楽しみ。
東海地方がやや不作気味なのはちょっと残念ではあります。
いずれにせよ,極力積極的に足を運ぶようにしたいもの。
絶対に鑑賞したい美術展を見逃さないようにします。
その為の情報収集も怠らないようにしないといけません。
posted by 森山 樹 at 20:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術展鑑賞記録

2013年07月07日

2013年7月美術展鑑賞予定

現在開催中の興味ある美術展は以下の通り。
【関東】
江戸の美男子 若衆・二枚目・伊達男@太田記念美術館(07.02-08.25)
〈遊ぶ〉シュルレアリスム@損保ジャパン東郷青児美術館(07.09-08.25)
LOVE展 アートに見る愛の形@森美術館(04.26-09.01)
大妖怪展@三井記念美術館(07.06-09.01)
色を見る,色を楽しむ@ブリジストン美術館(06.22-09.18)
ルーヴル美術館展−地中海四千年の物語@東京都美術館(07.20-9.23)
トーヴェ・ヤンソンの夏の家@ギャラリーA4(07.12-09.30)
深海 挑戦の歩みと驚異の生き物たち@国立科学博物館(07.06-10.06)
【東海】
ポール・デルヴォー展@浜松市美術館(-07.15)
はじめての美術 絵本原画の世界2013@名古屋市美術館(06.15-07.21)
オディロン・ルドン 夢の起源@静岡市美術館(06.29-08.25)
フランシス・ベーコン展@豊田市美術館(06.08-09.01)
深海たんけん!@名古屋市科学館(07.20-09.01)
【近畿】
ヱヴァンゲリヲンと日本刀展@大阪歴史博物館(07.03-09.16)
アマゾンの生き物文化@国立民族学博物館(05.23-08.13)
海を越える美術@大和文華館(07.05-08.18)
遊び@京都国立博物館(07.13-08.25)
奇跡のクラーク・コレクション@兵庫県立美術館(06.08-09.01)
博物館はおばけやしき@兵庫県立歴史博物館(07.13-09.01)
虫と魚の美術館@逸翁美術館(07.13-09.08)
貴婦人と一角獣展@国立国際美術館(07.27-10.20)

6月は美術展鑑賞活動をすることは出来ず。
夏休み直前ということで狭間の時期といった印象が強いです。
行きたい美術展も幾つかあったのですけれどねえ。
もっと頻繁に東京遠征が出来ればよいのですけれども。
7月からは外出機会も増えそうなので美術展にも積極的に足を運ぶ予定。
先ずは浜松の「ポール・デルヴォー展」と静岡の「オディロン・ルドン」かな。
豊田の「フランシス・ベーコン展」も合わせて行ければいいなあ。
近畿の美術展は8月に鑑賞旅行をするつもり。
特に期待は「貴婦人と一角獣展」ですね。
ちょっと遠いけれど姫路の「博物館はおばけやしき」も可能なら行きたい。
京都国立博物館の「遊び」も興味深そうな展示であります。
東京にも可能ならば8月中には行っておきたいところ。
少しでも多くの美術展鑑賞が出来るように頑張りたいものです。
仕事の都合次第という点が否めないのが残念ではありますけれども。
posted by 森山 樹 at 09:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 鑑賞予定

2013年06月09日

「知られざるミュシャ展」感想

〈2013年美術展感想4つめ〉
知られざるミュシャ展‐故国モラヴィアと栄光のパリ
会場:美術館「えき」KYOTO
会期:2013.03.01-03.31
観覧料:¥900
図録:未購入

 3月に鑑賞した「知られざるミュシャ展」の感想です。ただ,今回は美術館で出展目録を入手出来なかったので簡易的な感想になります。出展目録は鑑賞後に振り替えるときに非常に便利なので用意して欲しいですね。毎回毎回図録を購入するわけにもいきません。財政的にも収納的にもそこまでの余裕はないのです。

続きを読む
posted by 森山 樹 at 18:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術展感想